ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

熱中症の症状は頭痛・下痢・嘔吐など様々!寒気も!?回復にかかる期間は?


近年増加している熱中症

熱中症で搬送されたというニュースや
熱中症への注意喚起を
毎日のように目にしますね。

熱中症には実にさまざまな
症状が見受けられます。

熱中症とは?

 

暑くなると増えてくる熱中症。

暑いと発生するというのは
広く知られていることですが、
実は25℃くらいでも
熱中症にはなってしまうのです。

人はもともと体温がありますが、
体を動かしたり気温が上がることで
体温も上昇します。

体温が上がると体内の熱を逃がすため
皮膚の下を流れる血液の量が増えますが、
それによって一時的に血液が足りなくなり
脳に十分な血液が送られず酸欠状態に!

汗をかいて体内の水分を失うと
脱水症状を引き起こします。

汗とともに体内の塩分も失われるため
筋肉の収縮が上手くできずに
筋肉の痙攣を引き起こすこともあります。

このようにして起こる体の適応障害が
総合して熱中症と呼ばれているのです。

具体的な症状は?

 

熱中症の初期症状としては、
めまいや立ちくらみがあります。

脳が酸欠状態になることで、
めまいや立ちくらみが起こるのです。

脱水症状から起こる症状としては
頭痛や嘔吐、下痢などが上げられます。

脱水症状から引き起こされる
これらの症状は「熱疲労」とも言われ、
全身に倦怠感を及ぼします。

塩分が不足したことにより
手足がつったり
筋肉が痙攣したりすることは
「熱痙攣」と呼ばれています。

ひどい熱中症の場合には、
失神や意識障害といった
深刻な症状も表れます。

体温が異常に上昇したり、
汗が異常に出たり、
逆にまったく汗が出なかったり。

意外なところでは
寒気や強い眠気なども
熱中症で起こる症状なのです。

熱中症の初期症状は
風邪かと思ってしまいそうですが、
暑い季節の場合には
熱中症の可能性も
考えなくてはなりませんね。

 

熱中症の回復にかかる期間は?

 

熱中症の症状はさまざまで、
回復までにかかる期間も
人によって異なります。

健康体の人でも
熱中症から回復するまでに
だいたい2~3日かかるんだとか。

ひどい場合ですと
1週間以上の長期に渡り、
体に不調をきたすことも。

回復したと思っても
再発するおそれもあります。

重症の場合には救急車で
搬送されることもありますが、
その後1週間以上の入院が
必要になるケースもあるそうです。

クーラーや熱中症対策グッズに
かかる費用と医療費を比較すると
医療費の方が高くつくでしょうから、
熱中症対策はしっかりと
行っていきたいところですね。

 

関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - 生活