ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

熱中症対策におすすめの飲み物は?手作りドリンクのレシピも紹介!


夏になると熱中症対策として
「経口補水液」のCMを
よく目にするようになります。

熱中症対策には
水やお茶で水分補給すれば良いのかと
単純に考えていましたが、
それは間違いだそうです。

熱中症対策には
どのような飲み物が効果的なのか
調べてみました!

水やお茶だけではダメ!

 

水やお茶だけで水分補給すると
喉の渇きはおさまりますが、
体は水分補給が十分だと錯覚し
逆に脱水状態が進む危険性があるそうです。

汗によって体内の塩分も
排出されていますが、
水やお茶だけで水分補給すると
体内の塩分濃度が薄まってしまうのです。

そして体は塩分濃度を戻すため、
利尿を促し排泄してしまいます。

その結果、十分に水分を摂っているのに
脱水症状を起こして
熱中症となってしまうのです。

なので熱中症対策としては
汗によって失われた塩分も
補給できる飲み物が適切となります。

また、糖分を適度に含んだ水分は
腸管で素早く吸収されるため
糖分も含まれている飲み物が望ましいです。

市販の熱中症対策ドリンクは?

 

 

有名なのはやはりポカリスエット。

体液に近い電解質溶液で、
すばやく補給することができます。

コンビニや自動販売機など、
販売店も多く手に入りやすいですね。

粉末タイプなら、
場所をとらずに保管することができます。

 

脱水症状を経験したことのある
所ジョージさんが出演する
CMでお馴染みのドリンクは
経口補水液OS-1

電解質と糖質のバランスを
考慮して開発されたドリンクです。

ポカリスエットを薄めて
塩を足した感じの味で
“病者用食品”として売られている割には
飲みやすいといった印象。

熱中症の予防というよりは、
脱水症状が出てから対処のために
飲むドリンクです。

塩分濃度が高めなので
スポーツドリンクのように
脱水症状が出る前に
ガブ飲みするのはNG。

一日の摂取量は
500~1000mlが適切です。

 

「熱中対策水」という名前の
まさに熱中症対策として
開発されたドリンクもあります。

レモン味と日向夏味があり、
美味しさと飲みやすさにも
配慮されているのが
嬉しい熱中症対策ドリンクですね。

 

美味しさと飲みやすさでいえば
「世界のKitchenから ソルティライチ」
オススメです!

塩分も糖分も含まれていて、
さわやかなライチの味で飲みやすいです。

 

手作りドリンクのレシピは?

 

いわゆる「経口補水液」
自分で手作りする方法もあります。

簡単なのは水1リットルに
塩3gと砂糖40gを入れて
混ぜて溶かすというもの。

しかしながら味は良くないです。

そこでレモンやグレープフルーツなどの
果汁を加えれば飲みやすくなります。

砂糖の代わりに蜂蜜を溶かし、
ポッカレモンなどのレモン汁を入れるのも
優しい味で美味しいですよ!

350mlの水に小さじ1/4の塩と
小さじ1のレモン汁、
大さじ1の蜂蜜を入れて
よく混ぜるだけで完成です!

もちろん蜂蜜ではなく
大さじ1の砂糖でもOK。

レモン汁の量はお好みで増やしても
すっきりして美味しいと思います。

氷を入れて冷やすと
さわやかで美味しいので
ぜひお試しください♪

 

関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - 生活