ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

【ポケモンGO】アップデートでかくれているポケモンに変更!草の意味は?


ポケモンGOをアップデートしたところ、
「近くにいるポケモン」が
かくれているポケモン
変更になりました!

足跡のイラストは復活しませんでしたが、
背景に草のイラストが追加されています。

草のイラストに意味は?

 

わざわざ草のイラストを
追加したということは、
何か意味があるのでしょうか?

たとえば緑地の方が草が多いとか、
水辺だと草の種類が変わるとか?

足跡機能の代わりに
草が追加されたのなら、
足跡のようにポケモンとの
距離を表している可能性も・・・?

ポケモンに近づくと
草の本数が減るとか?

いろいろと意味を考えてみましたが、
実際に水辺に近づいてみても
草の種類は変わりませんでした。

コイキングに草の背景は
打ち上げられた感満載で
なんだか切ないです(笑)

ポケソースに近づいてみても、
草の本数は減ることなく
普通にポケモンが出現しました。

どうやらかくれているポケモン
草には意味はないようです。

隠れているっぽさを
演出しているだけなのかもしれません。

他に何か変わった?

 

「近くにいるポケモン」から
かくれているポケモンになって、
心なしか表示されるポケモンの数が
減ったように感じます。

調べてみたところ、
すでに捕まえたポケモンや
距離が離れたポケモンが
かくれているポケモンから
消えるのが早くなったという
情報がありました。

また、種類が同じポケモンは
複数表示されなくなったという
情報もあります。

確かに以前はコラッタやポッポで
埋め尽くされていた画面が
今は1匹ずつしか表示されていません。

しかし、それを加味しても
やっぱりポケモンの数が
減ったように感じるのです。

もしかして
「近くにいるポケモン」の時より
探知される範囲が狭くなったのでしょうか?

 

「かくれているポケモン」の距離は?

 

「近くにいるポケモン」の時は
表示される範囲は
半径200mの距離だと言われていました。

表示されているポケモンの数が
明らかに減っているということは、
この距離が短く変更された可能性があります。

Twitterなどで検索してみると、
やはりかくれているポケモン
表示されている距離が
縮まったような気がするという声が
出ているようでした。

50メートルや100メートルといった
自分の体感で具体的な距離を
書いている人もいましたね。

しかし運営から公式に
かくれているポケモン
距離が発表された訳ではないので
実際のところはまだわかりません。

もしかしたら
半径200メートルと言われていた
「近くにいるポケモン」が
もっと広い範囲で表示されていたという
可能性もありますしね。

関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - その他