ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

おみくじの公式な順番!結ぶ理由は?持って帰って捨てる時は?正しい処分の仕方!


初詣などで参拝した際に
おみくじを引く人も多いと思います。

友人たちと結果を話していた時に、
おみくじの縁起の良い順番や
引いた後のおみくじをどうするかなど
人によって認識が異なっていて驚きました。

そこでおみくじの公式な順番や
おみくじの処分の仕方などを
調べてまとめてみました!

おみくじの公式な順番は?

 

おみくじの順番というと、
大吉が一番良くて凶が一番悪いというのは
一般的な認識かと思います。

ただ、神社によっては
凶の下に大凶があったり、
半吉という良いのか悪いのか
イマイチわかりづらいおみくじ
入っていることもあります。

ということは、
おみくじの順番は神社によって
異なるということになるのでしょう。

でも一般的な順番というのは
公式に決められていても良さそうです。

そこで公式な見解といえば
やはり神社本庁かなと思い、
神社本庁のサイトを見てみました。

神社本庁のサイトでは
「大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶」
書かれていましたので、
おそらくこれが公式な順番になるかと思います。

神社によっては半吉や末小吉、
小凶や半凶、末凶など
とても種類が多いこともあります。

「平」というおみくじ
入っているところもあるんだとか。

ここまで種類が多いと順番に悩みますね。

神社によって異なりますが、
大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・
末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶
一般的な順番とされているようです。

おみくじは結ぶ?持ち帰る?

 

神社にはおみくじを結ぶための
場所が用意されていることが多いですね。

ちなみにあれは「むすび掛け」と
呼ばれているそうです。

私はおみくじを結んで帰るのは、
悪い結果が出た時だけだと思っていました。

悪い結果が出た場合には
悪い運気を置いていくという意味で
おみくじを結んで帰り、
良い結果が出た場合には
その運気を持ち帰る意味で持って帰るもの。

おみくじに関してはそう認識していたのですが、
周りに聞くと結果はどうであれ
結んで帰るものという人が多かったです。

不安になって調べてみたら、
おみくじを結ぶ理由というのは
「神様と縁を結ぶ」という意味で
行われてきた風習だそうです。

しかし神社本庁のサイトを見ると、
持ち帰っても問題はないとのこと。

おみくじの結果よりも内容が重要で、
持ち帰る場合は読み返して
自分自身の行動に照らし合わせるということですね。


捨てる時は?正しい処分の仕方!

 

おみくじを持ち帰った場合は
家で保管する人もいれば
財布に入れて持ち歩く人もいるでしょう。

しかしいつまでも持っていると
どんどん溜まっていってしまいます。

おみくじを捨てる時はどうすれば良いのか?

そもそも捨てて良いものなのか?

処分するタイミングはいつなのか?

いろいろ悩んでしまいますね。

おみくじは書いてある内容が
重要ということですから、
処分するタイミングとしては
その内容を十分に受け入れたと
自分が感じた時で良いと思います。

次のおみくじを引いた時も
処分するタイミングとしては良さそうです。

では処分する方法ですが、
調べてみたところ実は家庭ごみとして
普通に捨てても問題はないそうです。

ただ、おみくじとはいえ
神社から授かったものを
家庭ごみとして捨てるのは
やはり抵抗がありますね。

その場合には塩で清めてから
ごみに出すという人もいるようです。

神社では結ばれたおみくじ
どのように処分しているかというと、
お札やお守りと同様に
お焚き上げという方法がとられています。

なので古いおみくじを処分したい場合は、
感謝の気持ちを持って神社に参拝し
神社に返してお焚き上げして頂くのが
一番良い方法だと思います。



関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - 生活