ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

NHK紅白歌合戦2017観覧募集開始!応募締切はいつまで?本人確認は?


2017年10月5日より、
第68回NHK紅白歌合戦観覧募集が始まりました!

応募方法や注意点、
本人確認についてまとめています。

NHK紅白歌合戦2018の観覧募集はいつから?締切や応募方法は?本人確認って?

NHK紅白歌合戦2017の応募方法は?

 

2017年のNHK紅白歌合戦
応募方法は例年通り往復はがきのみです。

そろそろネットでも応募できるように
してくれたら良いのに・・・と思いますが、
残念ながら2017年もネットは解禁されませんでした。

2017年6月よりはがき代が値上がりしたので、
地味に出費が痛いですよね。

応募方法は往復はがきの
往信用裏面・返信用表面
郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を記載。

返信用裏面は抽選結果が印刷されるので
真っ白のままにしておく必要があります。

宛先は〒119ー0362 NHK「紅白歌合戦」公開係です。

応募は何枚でもできますが、
当選するのは1契約につき1枚。

1枚につき2人しか入場することができません。

締切は2017年10月24日。

消印有効ではなく必着なので、
必ず24日までにHNKにはがきが到着しなければいけません。

24日を過ぎてしまうと無効になってしまうので、
遅くとも20日くらいまでには投函しておきましょう。

NHK紅白歌合戦観覧応募の注意点は?

 

NHK紅白歌合戦観覧募集には
受信料を払っている人しか応募できません。

ただし、受信料免除されている人は応募できます。

当日は“申込者の本人確認”があります。

仮に家族の名前で応募して当選したとしても、
その家族が会場へ一緒に行ってくれない場合は
入場することができないのです。

そのため、紅白歌合戦観覧募集
家族の名義を使用する場合には
当選した場合に一緒に行ってもらうことを
あらかじめ確約してもらいましょう。

また、申込者の姓が契約者と異なる場合は
受信契約が確認できず無効になる恐れがあります。

そのケースに該当する世帯の方は
受信契約者の名前とNHKに登録している電話番号を
応募はがきに記載する必要があるので注意してください。

NHK紅白歌合戦観覧応募
郵便往復はがき以外での応募は無効になります。

懸賞応募の際は当選確率を上げるため、
自作はがきを使うという人もいますが
NHK紅白歌合戦観覧応募に関しては
私製はがきはNGです。

記入不備があればもちろん無効なので、
必要事項が漏れなく書かれているか
投函前に必ず確認しましょう。

本人確認の方法は?

 

NHK紅白歌合戦観覧
入場の際に本人確認が行われます。

コンサートなどの場合は本人確認といっても
入場に相当時間がかかってしまうので、
さほど厳しくは行われない場合もありますが・・・

過去のレポを探してみたところ、
NHK紅白歌合戦の場合は全員しっかりと
本人確認が行われたそうです。

本人確認の際に必要な書類は
「名前と申込住所に住んでいることがわかる」もの。

そうなると確実なのは免許証ですが、
免許証を持ってない人もいますよね。

免許証以外で名前と住所が確認できるのは
パスポートやマイナンバーカード、
すでに発行は終了していますが
まだ有効期限内であれば住基カードもありますね。

住所も必要となると
生徒手帳や学生証では難しそう。

過去の観覧の際の本人確認には
官公庁発行の顔写真付き証明証以外の場合は
2点以上の本人確認書類が必要だったそうです。

万が一、本人確認書類に不備があれば
入場を断られてしまいます。

リスクを考えると
2点以上の本人確認書類を用意するよりも、
免許証を持っていない人はこの機会に
マイナンバーカードを作った方が無難だと思います。

関連記事


 - テレビ, 芸能