ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

桜開花予想2018!今年は東京が早い!京都嵐山が満開になるのはいつ頃?


全国的に気温が低かった2018年の冬。

最近は急に暖かくなったものの、
日によって寒暖の差が激しいですね。

そんな2018年の開花予想
どうなっているのか調べてみました!

2018年の桜開花予想日は?

 

桜開花予想は日本気象協会や
ウェザーマップなどで発表されています。

いろいろな桜開花予想を見て回りましたが、
いずれも平年より開花は早い
予想されているようですね。

2018年3月15日以降、
すでに開花が確認された地域も出てきています。

九州では宮崎、長崎、熊本、鹿児島で
開花を確認済み。

3月19日~3月21日の間に
福岡・佐賀・大分も開花すると予想されています。

四国・中国地方では
高知県でいち早く開花が確認されました。

高知以外の県は
3月20日~3月28日の間との開花予想

近畿地方は3月23日・24日頃に
開花すると予想されていますが、
滋賀県は少し遅めの3月末となるようです。

東海・北陸地方では
すでに静岡県で開花が確認されています。

愛知や岐阜、三重は3月21日~3月24日頃、
石川、福井、富山は3月末頃、
新潟県は4月上旬頃の開花予想です。

関東でもすでに東京で開花が確認されました。

東京以外の関東・甲信越地方では
3月19日~3月27日頃の開花予想です。

長野県は4月上旬頃の開花予想となっています。

東北地方は4月上旬頃に仙台、福島。

山形、秋田、岩手は4月中旬頃。

青森は4月下旬頃の開花予想です。

北海道は地域によって差があり、
4月下旬~5月中旬頃にかけて
徐々に開花していくと予想されています。

今年は東京が早い!

 

東京開花
2018年3月17日に発表となりました。

これは平年より9日も早いそうです。

1953年以来、
東京でもっとも早い開花を記録したのは
2002年と2013年の3月16日。

3月17日の開花というのは
それに次ぐ3番目に早い開花ということですね。

満開になるのは開花からおよそ1週間後。

東京でお花見を予定している方は
準備を急いだ方が良さそうです。

 

京都嵐山の桜が満開になるのは?

 

私の住む京都では、
やはり嵐山が人気です。

嵐山には1500本ほどのがあり、
の花越しに見る渡月橋は風情があります。

2018年の京都
3月20日前後の開花予想となっています。

満開になるのは3月下旬頃~4月上旬頃との予想

しかしの種類によって
満開になる時期は異なります。

嵐山にはソメイヨシノだけでなく
河津桜や八重桜などさまざまながありますので、
嵐山は約1か月に渡って楽しめると言われています。

見頃となる3月下旬~4月上旬頃は
多くの観光客でかなり混雑していますので、
敢えて時期を多少ズラして行くのも良いかもしれませんね。

関連記事


 - 生活