ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

山口恵以子の経歴は苦労人!お見合い連敗で独身?猫と酒と小説があれば幸せ?


2013年に『月下上海』で
第20回松本清張賞を受賞した
作家の山口恵以子さん。

遅咲きの作家さんですが、
その経歴が興味深いです。

山口恵以子さんの経歴は?

 

山口恵以子さんは
元食堂のおばちゃんです。

山口恵以子さんの出身は東京都。

東京都立両国高等学校を卒業し、
早稲田大学文学部に進学しました。

早稲田大学を卒業してからは
会社員や派遣社員として働きながら
文章を書くことを学んだそうです。

山口恵以子さんが学んだのは
「松竹シナリオ研究所」

かつて松竹が運営していた
シナリオライター養成の名門校です。

『私をスキーに連れてって』の
一色伸幸さんを排出した
学校でもあります。

松竹シナリオ研究所で学んだ後は
丸の内新聞事業協同組合で
社員食堂のおばちゃんとなりました。

そして新人作家の発掘や
創作の研究を目的として
活動する新鷹会の会員となり、
2007年に『邪険始末』で
作家としてデビューされたのです。

邪剣始末 [ 山口恵以子 ]
価格:680円(税込、送料無料)

 

山口恵以子さんはもともと
漫画家を目指していたそうですが、
出版社に作品を持ち込んだ際に
「ストーリーは面白いが絵が下手」と
言われたことで断念し、
脚本家を目指すようになったそう。

大学を卒業して就職した会社は
わずか3年で倒産してしまい、
山口恵以子さんは派遣社員になりました。

そして派遣社員よりも
安定するという理由で
食堂のパートに転職。

気がついたらテレビ局のプロデューサーと
同年代になっていたことから
脚本家の夢を断念し
作家の道へ転向することにしたそうです。

大学時代から物書きを志し、
波乱万丈ありながら
55歳でついに松本清張賞受賞。

大学生から55歳まで
夢を諦めずに書き続けたというのは
本当にすごいことだと思います。

独身?

 

Wikipediaには山口恵以子さんの
生年月日がなかったので
調べてみました!

1958年6月6日生まれだそうです。

ということは、2016年現在
山口恵以子さんは57歳。

89歳のお母さんと
67歳のお兄さん、
そして2匹の猫たちと
暮らしているとのこと。

そう、57歳となった現在も
山口恵以子さんは独身なのです。

現在に至るまでに
山口恵以子さんは43回も
お見合いをしてきたんだとか!

最初のお見合いは33歳の時で
40半ばの男性たちとお見合いする内に
「大して好きでもないおじさんと
結婚するくらいなら
家にいた方が居心地も良くていいや」と
思うようになったそうです。

そして現在では
「小説と結婚した」と言われています。

 

猫と酒と小説

 

山口恵以子さんは
面白い小説を書けるかどうかが大事で
他のことはどうでもいいそうです。

今は食堂の仕事も辞めて
基本的に毎日書いていればいいという
生活がとても幸せだと語っていました。

そんな山口恵以子さんが
小説以外で愛しているのが猫。

白猫のボニーと
黒猫のエラを飼っています。

ボニーは乱暴者でエラはいたずら好き。

2匹の猫たちに振り回される日々を
山口恵以子さんは送っているそうです。

どんなに振り回されても、
猫のいない気楽な生活よりも
猫のいる不便な生活を選んでしまうと
山口恵以子さんは仰っていました。

うちにも猫がいますので、
その気持ちはよくわかります。

そしてもう1つ、
山口恵以子さんが愛しているのがお酒。

『おばちゃん街道 小説は夫、お酒はカレシ』という
本も出版しているほどの酒好きです!

おばちゃん街道 [ 山口恵以子 ]
価格:1620円(税込、送料無料)

 

松本清張賞の賞金も
すべてお酒に使うと語っていました!

父の遺言で水で割った酒は
飲まない主義だそうです。

なかなか豪快な方ですよね。

夢を叶えて猫と一緒に
お酒を飲んで過ごす生活、
幸せそうで羨ましいです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - 芸能