ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ソアリンはどんなアトラクション?感想レポ!待ち時間は?ファストパス取れない?


2019年7月23日にオープンした
東京ディズニーシーの新アトラクション
“ソアリン:ファンタスティック・フライト”

CMや動画を見てもどんなアトラクションなのか
イマイチ掴めなかったのですが、
ついに体験してきましたのでレポートします!

ソアリンはどんなアトラクション?【※ネタバレ注意】

 

ソアリンは空を飛ぶという人類の夢を称える博物館、
ファンタスティック・フライト・ミュージアムで開催されている
カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展を訪れるという設定のアトラクション。

さまざまな展示物を見て回り、
カメリアの功績を称える特別展のギャラリーに入ります。

ギャラリーにはカメリアの肖像画や
鳥の彫像、さまざまな絵が飾られています。

鳥の名前はアレッタ。

カメリアの親友でもあり家族でもあったハヤブサです。

ゲストがすべてギャラリーに入場し終わると
カメリアやアレッタ、周りの絵が動き始めます。

ここの演出がかなりスゴイです。

演出が終わるとタンポポの絵が蝶になったりと
周りに飾られている絵が変化しています。

キャストの方によるとこの演出は
違うパターンもあるそうで、
何度行っても楽しめそうですね。

ギャラリーを抜けるといよいよ
“ドリームフライヤー”への搭乗です。

“ドリームフライヤー”の座席は
椅子が複数繋がったような形状になっています。

収容人数が1シアターあたり87名なのは
繋がった座席がさらに複数あるからです。

そしてニモ&フレンズ シーライダーのように
複数のシアターを同時に稼働させることで
回転率を上げているという訳ですね。

ちなみにソアリンのシアター数は2シアターです。

シートベルトは飛行機やバスのような
横から引っ張り出して腰の上で押さえるタイプ。

背中の方に印がついていて、
その印に頭が届かない身長の方は
足の間にもう1本シートベルトを通します。

身長制限は102cm以上ですが、
102cm以上でも座高が低い方は
大人でも頭の印に届かない場合があるんだとか。

シートベルトのチェックが済んだらいよいよフライト!

座席がふわりと浮き上がり、
前方にスクリーンが登場します。

そのスクリーンに世界各地の映像が映し出され、
草原の香りを感じながら象の上を飛んだり
万里の長城の上空を飛んだり。

座席全体が浮き上がっているので
足はブラブラさせた状態です。

いろいろな国の空を回ったら
ラストは東京ディズニーシーオリジナル!

東京の上空を飛んでフィニッシュです。

ソアリン感想!怖い?酔う?

 

ソアリンを体験した率直な感想は
「すごい!」の一言に尽きます。

映像に合わせた風や香りはかなりリアルで、
本当に上空を飛んでいるかのようです。

座席の位置によるのかもしれませんが、
水しぶきはまったく感じませんでした。

公式サイトの説明や座席の画像を見た感じでは、
スターツアーズやUSJのハリーポッターのような
かなり激しい動きや揺れを伴うのかと思っていましたが
ソアリンはそんなに激しい動きはなくふわっとした感じ。

座席はハリーポッターに近いですが、
動きはピーターパンのような感じでした。

カリブの海賊でさえ身構えてしまうほど
絶叫系が苦手な私でも
ソアリンはまったく怖いとは感じません。

スターツアーズで酔う同行者も
ソアリンは酔わなかったと言っていました。

ただ、本当に空を飛んでいるかのような
リアルな映像や動きをしますので
高所恐怖症の方は怖いと感じるかもしれません。

約5分という体験時間はとても短く、
もっと乗っていたかったです。

全体的に非常に満足していますが、
一つ残念だったのがスクリーンを見ている時に
他の座席の方の足が見えてしまうこと。

1列目以外に乗ると足が見えるのは
アトラクションの仕様上しかたないので、
ソアリンの世界観を目一杯満喫できるかは運ですね。

ただ、見えている足の動きで
他のゲストの興奮度合いがわかるのは
ちょっと面白かったです。

でもやっぱり初体験は
足の見えない席で映像に集中したかったなぁと思います。

 

ソアリンの待ち時間は?

 

新アトラクションということで
ソアリンにかなりの待ち時間が生じるのは覚悟していました。

オープンから2か月たって多少落ち着いたかなというのと
全体的な混雑がマシかもしれないということで
9月の連休明けの火曜日というタイミングでディズニーシーへ。

もちろん他のアトラクションや
ショーもしっかり楽しみたいので
常時監視していた訳ではありませんが、
ソアリンの待ち時間は基本的に120分を超えていました。

ちょっと落ち着いてるかな?という時間帯で
120分~140分待ち程度。

混んでいる時は160~180分程度の待ち時間でした。

やはりソアリンのスタンバイは
2~3時間並ぶのは覚悟しなくてはなりません。

他のアトラクションであれば
閉園間際は驚くほど待ち時間なく乗れますが、
ソアリンに関しては20時前後で締め切ってしまうので
当面は閉園間際を狙うこともできないでしょう。

 

ファストパスは取れない?

 

東京ディズニーリゾートといえば
ファストパスで待ち時間を短縮するのは
いまや常識となっています。

しかしソアリンのファストパスは
今はなかなか取れません。

ディズニーホテル宿泊特典の
“ハッピー15エントリー”で15分前に入場した方は
やはりソアリン狙いで行く方が多いです。

さらに開園前から並んでいる方で
ソアリンのファストパスはほぼ終わってしまうので、
開園後にディズニーシーに着いたのでは
ソアリンのファストパスはほぼ取れないというのが現状。

ソアリンを体験した方の感想も
大好評といった感じですから、
なかなかファストパスが取れない状況は当面続くと思われます。

ソアリンのファストパスを攻略するには
“ハッピー15エントリー”の利用は必須と言えるでしょう。

お金をかけてでも確実にファストパスを取りたいなら
ディズニーバケーションパッケージを利用する方法もあります。

ディズニーバケーションパッケージなら
時間指定のないソアリンのファストパスが付きますので、
不慮の事態でソアリンが休止にでもならない限り
必ずソアリンに乗ることができます。

ソアリンのファストパス以外にも
さまざまな特典が付いていますので、
やはりお値段はそれなりに高いですが
時間を気にせず満喫するなら一番おすすめの方法です。


 - 生活