ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

韓国加湿器殺菌剤事件が怖すぎる!日本での事故例は?【仰天ニュース】


2016年7月20日放送の
『ザ!世界仰天ニュース』で
韓国加湿器殺菌剤事件
取り上げられます。

「死者700人以上!」という
予告を見てとても驚き、
韓国加湿器殺菌剤事件について
調べてみることにしました。

韓国加湿器殺菌剤事件とは?

 

韓国加湿器殺菌事件
加湿器に使用する“殺菌剤”に
人体に有害な化学物質が含まれており、
それによって多くの死傷者を出した
韓国で起こった恐ろしい事件です。

有害な化学物質というのは
「PHGM」という物質で
蒸気とともに吸い込むことで
気管周囲や肺に炎症が起こります。

肺胞が硬化してしまい、
肺の収縮を妨げることで
呼吸困難に陥ってしまい
妊婦や子供が肺疾患で死亡する例が
相次いで発生しました。

2006年頃から人体への
悪影響が疑われたものの、
韓国政府が回収命令を出したのは
2011年のこと。

なんと悪影響が疑われてからも
5年も販売が続けられていたのです!

企業体質に大問題!

 

問題の殺菌剤には恐ろしいことに
政府からの安全マークを
与えられていました。

しかし実のところ、
安全マークを受けるために
企業は殺菌剤を「洗浄剤」として
申告していたのです。

そしてこの事件の調査の際には
大学教授に金銭を渡して
メーカー側に有利な論文を書かせ、
それを反論材料として
遺族らが起こした民事訴訟に提出。

企業体質に問題があるとしか言いようがなく、
本当に悪質な事件だと思います。

韓国加湿器殺菌剤事件
5月頃に日本でも報道されましたが、
その時に報じられていた
死者数は95人でした。

問題の殺菌剤は1994年~2011年まで販売。

年間60万個、合計960万個ほど
流通していたとのこと。

韓国の新聞社「中央日報」によれば
2013年7月~2016年5月までの
被害者申告数は2339人、
死亡者464人だそうです。

しかしそれだけ多く流通していたのなら、
潜在的な被害者もきっと多くいるでしょう。

企業は乳幼児死亡者に10億ウォンずつ
賠償をすることにしたそうです。

しかしいくら大金をもらっても
子供は返ってこない訳で、
こういう事件は本当にやりきれないですよね。

韓国ではまだ裁判が続いているそうですが、
この悪質な企業がどう裁かれるのか
裁判の行方が気になります。

 

日本での事故例は?

 

韓国加湿器殺菌剤事件
問題となった殺菌剤は
オキシー・レキットベンキーザー社の
「オキシー・サクサク」という商品。

日本では流通していない商品です。

日本にも加湿器殺菌剤はありますが、
その商品には有害物質「PHMG」は
使用されていないとのこと。

日本では「PHGM」は消毒薬や農薬に
使用されることはあるそうです。

また、浴室洗剤や柔軟剤にも
ごく微量に含まれているそうですが、
人体に影響のあるレベルではないそう。

日本では事故例もないということで
ひとまず安心ですが、
「臭いものには蓋」という風潮は
日本にもあるわけで・・・

同じような事件が起こらないとは
決して言い切れない部分もあると思います。

消費者として危機意識は
持っていないといけないのかなと
考えさせられる事件でした。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



 - テレビ