ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ドラマ『正義のセ』第1話感想!(※ネタバレ有)HEROのパクリ?視聴率は?


吉高由里子さん主演のドラマ
正義のセが始まりました!

キャストが割と好きな人が多かったので
楽しみに第1話を視聴したのですが・・・。

ドラマ『正義のセ』第1話感想!(ネタバレ注意)

 

『正義のセ』の第1話は
新人検事・竹村凛々子が
大阪から横浜に異動したところから始まります。

竹村凛々子を演じるのは
もちろん吉高由里子さん。

竹村凛々子についた検察事務官が
安田顕さん演じる相原勉です。

竹村凛々子が担当することになったのは
建設会社の部長から部下への暴行事件。

パワハラ疑惑もある部長ですが、
暴行の証拠はなく同僚もパワハラを否定しており
不起訴が妥当と思われる事件です。

しかし被害者に同情した凛々子は
先輩検事や事務官を説得し、
証拠を見つけるために奔走します。

三浦翔平さん演じる
先輩検事の大塚仁志の助けもあり
部長に証拠を突きつけ起訴、被害者を救ったのでした。

あらすじだけで言えば
弱者が救われるスッキリした物語。

安田顕さんや三浦翔平さん、
塚地武雅さんが演じるキャラクターも
それぞれ魅力的に見えます。

ただ、それは『正義のセ』だけを見ればの話。

どうしても既視感を感じてしまいます。

ラクに見れる明るいドラマではありますが、
全体的に薄っぺらいなというのが正直な感想です。

『HERO』のパクリ?

 

検事ドラマというとやっぱり
HEROと比較してしまいます。

自分の正義を貫く検事、
最初は良く思わないものの
次第に協力していく事務官や先輩検事。

不起訴になりそうな案件の証拠集めに奔走し、
最終的には起訴に持っていくというストーリー。

どこをとっても『HERO』のパクリか?と
感じてしまったのは否めません。

事務官という立場に徹する
基本的に冷静な相原勉は
『HERO』でいえば小日向文世さんが演じた
末次隆之に似ています。

厳しい先輩検事の大塚仁志は
下の人間を小馬鹿にし、野心家な面がある
阿部寛さんが演じた芝山貢を思い出しました。

竹村凛々子を宥めようとする
塚地武雅さん演じる徳永太一は
角野卓造さんが演じた牛丸豊っぽかったです。

ストーリーだけでなく役柄も
『HERO』に似ているように感じてしまい、
純粋に面白いとは言い難いのが正直なところ。

『東京タラレバ娘』や『校閲ガール』など
日本テレビの女性のお仕事ドラマは
けっこう面白いと思っていただけに、
『正義のセ』は期待外れかなと思います。

吉高由里子さんの演技も
『東京タラレバ娘』と変わらないように見えて、
「あれ?いま何のドラマ見てるんだっけ?」と
『正義のセ』は物語にあまり集中できませんでした。

 

視聴率は良い?

 

そんな『正義のセ』の第1話ですが、
視聴率は良かったようです。

平均視聴率11.0%と
今クールのドラマの中では高視聴率。

阿川佐和子さんの原作は評判が良いですし、
吉高由里子さんや三浦翔平さんなど
キャストも人気がある人が揃っているので
期待して見た人が多かったことでしょう。

しかし私と同様に『HERO』に似ていると
感じた人も多かったようで
SNSでのドラマの評判はあまり良いとは言えません。

今時あんなわかりやすい
流血沙汰のパワハラはないだろうとか、
新人とはいえ取り調べ中に同情して涙ぐんだり
ロクに取り調べもできない検事なんて有り得ないとか、
何かと粗も目立ちます。

『HERO』がしっかり作り込まれた作品だっただけに
『正義のセ』にはガッカリ感が否めません。

初回は高視聴率ということでしたが、
第2話では視聴率を大幅に下げる恐れもありますね。


 - テレビ