ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

風間俊介が紹介!東京ディズニーリゾートの魅力!【マツコの知らない世界】


2018年5月15日放送の
『マツコの知らない世界』には
風間俊介さんが出演しました!

東京ディズニーリゾートが大好きな
風間俊介さんが紹介する
東京ディズニーランドの世界は興味深かったです!

風間俊介さんの楽しみ方は?

 

東京ディズニーリゾートと
同い年だという風間俊介さん。

年間パスポートを23年間更新し続けています。

これまで400回以上は訪れたそうですが、
今回の『マツコの知らない世界』のために
先週は3回行ったと気合十分!

そんな風間俊介さんのディズニーランドの楽しみ方は
非常にゆったりとしたものです。

ある一日の流れを説明していましたが、
9時に入園して風景を楽しみながら左回りに散歩。

左回りの理由は過去~未来へと
時代の流れを楽しみたいからだそうです。

11時にはレストランに入って
風景を楽しみながら小説を読む。

14時にはたまたまジャングルクルーズに乗り、
19時に夕食をとって帰宅したそうです。

過去にはジャングルクルーズの
船長になりたいと思って
セリフを暗記したこともあったんだとか!

アトラクションよりも風景を楽しむんですね。

風間俊介さんいわく東京ディズニーランドは
「世界一美しく整備された公園」とのこと。

非常に贅沢な楽しみ方ですね。

ちなみに先日ウォルト・ディズニーアーカイブス展でも
風間俊介さんがコメントを寄せているのを見ました。

本当にディズニーが大好きなんですね!

注目の建造物!

 

風間俊介さんによるとディズニーランドは
夢と魔法だけでなく、
情熱とイマジネーションが詰まっているそう。

情熱とイマジネーションで作られたのが
東京ディズニーランドにある建造物。

風間俊介さんのおすすめはロイヤル・ストリートです。

ニューオーリンズの街並みを再現した
コの字型の道のことで、
誰も入れないのに作り込まれている
2階のベランダが素晴らしいとのこと。

言われてみれば比較的人も少なくて、
風景を楽しみながら散歩するには
うってつけの場所ですね。

東京ディズニーランドのシンボルである
シンデレラ城は様々な角度から楽しむそう。

ウエスタンランドからのシンデレラ城は
西部開拓時代の幻の城のようで良いそうです。

トゥモローランドには行き止まりがあり、
ディズニーマニアの間では有名な
シンデレラ城を撮れるフォトスポットも!

シンデレラ城って正面から撮りがちなので、
次回行った際にはぜひ他の角度からも撮りたいと思います。

風間俊介さんのマニアックな好みが
炸裂していたのがトラッシュカン!

風間俊介さんが好きなトラッシュカンベスト3は
シンデレラ城裏、トゥーンタウン、メインエントランスだそうです。

シンデレラ城裏のトラッシュカンには
紋章が描かれているのが特徴。

ピーターパンの舞台にもなったロンドンには
紋章を管理する政府の機関があるので
ファンタジーランドにあるこのトラッシュカンにも
紋章が描かれているのではないかと
風間俊介さんは予想していました。

トゥーンタウンのトラッシュカンは
ファンタジアに出てくるほうきが描かれていて、
こんなところでも楽しませようとしてくれる!と思うと
たまらないんだとか。

メインエントランスのトラッシュカンは
シンプルにロゴが入っているだけです。

このロゴはここで働く人々の誇りなんだと
風間俊介さんは語っていました。

確かにいろいろなデザインがあるのは
なんとなく認識していましたが、
トラッシュカン自体をじっくり眺めたことはありません。

注目して見てみると
他のトラッシュカンにも発見がありそうですね。


ページ: 1 2

 - テレビ, 生活