ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

かんざしをつけたまま飛行機に乗れる?手荷物?預け荷物?


 

最近かんざしにハマっています。

簡単に髪をまとめることが出来て
とても便利だと思うのですが、
かんざし飛行機に持ち込めるのでしょうか?

かんざしは手荷物?預け荷物?

 

かんざしを使ったまとめ髪は
無造作でも割と見栄えが良いですよね。

長いフライトの時には
飛行機の中では寝て過ごしますから、
簡単に髪をほどいたりまとめたり出来る
かんざしを持ち込めると助かります。

しかし先端が尖っているものも多く、
もしかしたら凶器とみなされるかも?と思い、
かんざし飛行機に持ち込めるのか
調べてみることにしました。

とりあえず飛行機の持ち込み品のことは
国土交通省かなとサイトを確認してみたところ、
リストに「沖縄かんざし(ジーファー)」が!

やはり先端が尖っている物ということで
危険物扱いされてしまうこともあるようです。

「木製やプラスチック製のもので、
凶器にならないと判断された場合は持込可能」
注釈がついているということは
基本的に金属製はアウトになるのでしょう。

「凶器にならないと判断された場合」が
なんとも曖昧で困りますね。

かんざしをつけたまま飛行機に乗れる?

 

では、手荷物や預け荷物ではなく
髪にかんざしを挿したまま
飛行機に乗ることはできるのでしょうか?

調べてみたところ、
そのまま乗れたという人もいましたが
ダメな場合もあるようです。

特に金属製のかんざし
金属探知機に引っかかって面倒な様子。

金属探知機にアクセサリーが引っかかると
外して再検査することになりますが、
かんざしが返却されるかどうかは
検査官によって違うようです。

「凶器にならない」かどうか、
検査官によって判断が分かれるのでしょうね。

周りの人にも聞いてみたところ、
韓国でお土産に金属製のかんざしを買って
手荷物に入れていたけれど問題なかった人も。

「凶器にならない」と判断される基準は
国によっても違いそうですね。

アメリカあたりは厳しそうです。

そういえば中国人女性が
果物ナイフをかんざし代わりにして
金属探知機で見つかった事件もありましたね。

果物ナイフは論外としても、
中国のようにかんざしに馴染みのある国なら
「凶器にならない」判断基準は少し緩めかも?

とはいえ、止められてしまうと面倒ですし
やはり飛行機に乗る際は
かんざしは素直にスーツケースに入れて
預け荷物にするのが良さそうです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ



 - 生活