ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

「向かいのバズる家族」あらすじは?ナマハゲチョップのツイッター登場!


2019年4月4日より
新ドラマ『向かいのバズる家族』が始まりました!

日本テレビの深夜ドラマは
世相を反映した作品だったり、
割とドロドロした作品が多くて好きなのですが
『向かいのバズる家族』も面白いです。

『向かいのバズる家族』あらすじは?

 

『向かいのバズる家族』の主人公は篝あかり(内田理央さん)

ドラマプロデューサーの父・篤史(木下隆行さん)、
専業主婦の母・緋奈子(高岡早紀さん)、
就活生の弟・薪人(那智さん)という普通の4人家族です。

カフェの店長をしているあかりは
どんな時も笑顔を絶やさない優等生ですが、
日々の不満を動画でぶちまける“ナマハゲチョップ”という
もう一つの顔を持っています。

ある日、カフェで客の中年男性から
他の客の対応を優先する
店員・桃(小川紗良さん)の態度にクレームが!

店長として客に謝罪するあかりの様子を
他の客が撮影してSNSに投稿しました。

その動画が拡散され、
あかりにも注目が集まりカフェに客が殺到します。

人気者になったあかりはまんざらでもなく、
さらに意中の常連客・皆戸涼太(白洲仁さん)からも
食事に誘われて有頂天に。

しかし食事の時に涼太が言った
「SNSで匿名で毒を吐く奴が許せない」という言葉に
あかりは“ナマハゲチョップ”を捨てる決意をします。

ですが“ナマハゲチョップ”を捨ててから、
上手く笑えなくなってしまうのです。

自分がいつも通りに笑顔でいるためには、
もう一つの顔が必要であると気づいたあかりは
涼太にバレないように“ナマハゲチョップ”を
続けていくことにしました。

一方、母は人妻の料理動画が人気に、
父は手がけたドラマが炎上の予感・・・。

家族も知らないもう一つの顔を持つ一家が
バズることで崩壊と再生をしていく、
というのが『向かいのバズる家族』のあらすじです。

ナマハゲチョップのツイッター登場!

 

『向かいのバズる家族』に登場する
あかりのもう一つの顔“ナマハゲチョップ”

なんと“ナマハゲチョップ”は
実際のツイッターにも登場しています!


『向かいのバズる家族』では
ごく少数のフォロワーに向けて
動画を発信していたあかり。

現実のツイッターでも
急に動画の再生回数が増えてバズっています。

ドラマと実際のツイッターが
連動している感じが面白いですね。

一般ユーザーとも絡んでいて、
興味深い試みだと思います。

 

『向かいのバズる家族』感想!

 

『向かいのバズる家族』は
非常にイマドキのドラマという感じがします。

クレーマーとして撮影された男性も、
クレームに至る過程を見れば
その怒りはもっともだと思うのです。

しかし動画では過程は映っておらず、
ただただ怒鳴り散らしている客にしか見えません。

今後、彼は周囲の人から
「何かあれば怒鳴り散らす人」と
思われて生きていくのは辛いでしょう。

あかりの場合は客が殺到したので
結果オーライと言えなくもないですが、
一夜にして日常が一変するというのは
やはりネットの怖さだと思います。

ドラマ『3年A組』は
気軽に投稿する言葉の攻撃性について
警鐘を鳴らした作品でした。

『向かいのバズる家族』も
SNSのあり方やネットとの付き合い方に
警鐘を鳴らす作品になるのではないでしょうか。

ネットでは一度バズっても、
また次の話題に移ってしまえば
一気に人々の興味は失われます。

しかし実際バズった人や炎上した人にも
その後の生活がある訳です。

バズった人や炎上した人のその後を
知る機会はあまりありません。

ドラマ『向かいのバズる家族』では、
“その後”がどのように描かれるのか楽しみです。

関連記事


 - テレビ, 芸能