ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

【フランケンシュタインの恋】第3話のあらすじネタバレ感想!視聴率は?


2017年5月7日に
フランケンシュタインの恋
第3話が放送されました。

第3話は大きく話が動きましたね!

第3話のあらすじ

 

継実は祖母の叶枝から、
姉と同じような症状で亡くなったという
叶枝の祖母の妹の話を聞く。

叶枝の祖母の妹の名前はサキといい、
継実の通う大学の近くの山で
120年ほど前に亡くなったとのこと。

叶枝によると当時はまだ大学ではなく、
何かの研究所があったらしい。

継実が大学の図書館で調べたところ、
120年前は伝染病の研究所があったことがわかる。

一方、稲庭工務店に戻った深志研は
ふたたび温かく迎え入れられた。

継実に会いたくて戻ってきたのかと
稲庭に尋ねられた深志研はそれを肯定。

「研さんは津軽さんに恋をしたんですね」

そういう稲庭に深志研は
「その言葉は知っていますが、
意味はわかりません」と答える。

稲庭は人を好きになること、
どんなことがあっても
一緒にいたいということだと教える。

他に何か困っていることはないかと聞かれ、
「ラジオと話すにはどうしたらいいか」を
相談する深志研。

深志研は天草に聞きたいことがあった。

稲庭は深志研のラジオネームを
“フランケンシュタイン”とし、
彼の悩みを投稿した。

「人間を殺すかもしれない怪物は、
人間に恋をしてはいけないのでしょうか?」と。

翌朝、深志研の使った布団から
ふたたびキノコが生えているのが発見される。

鶴丸教授が分析した結果、
深志研が納豆を食べたことにより
体内の菌が変化して新たな菌を生み出した様子。

しかし胞子を撒く理由やタイミングは
鶴丸教授にもまだわからず謎は深まるばかり・・・。

深志研の投稿を見た天草は、
「無視しちゃいけない、
切羽詰まっている気がする」と
予定を変更して深志研の投稿を採用する。

「今日の悩みは深すぎて答えられない」と
天草はスタジオに突入し、
DJの十勝に代わりに答えるよう促した。

ふざけた質問と決めつけた十勝は、
殺すかもしれないなら人に会うな、
まずお前が死ねと言い放つ。

しかし天草は「怪物こそ恋をすべき」と主張。

怪物は人と関わり合う中で
どうすれば人を殺さずに済むか考え、
恐れずに本当の恋をして欲しいと訴える。

それを聞いた深志研は
ラジオを止めてその場を離れた。

十勝の逆鱗に触れた天草は
クビを宣告されてしまう。

継実は深志研を追ったが、
天草が言ったことをどう思うかという問いには
答えることができずに大学へ戻る。

深志研は仕事に戻ったが、
建築現場の壁に“殺”という落書きが発見された。

それを見て動揺した室園の元に
町田という男が現れて「一緒に帰ろう」と言う。

室園は町田に襲いかかるが、
社長に止められている間に逃げられた。

室園は初めて交際した元カレが町田で
DVが原因で逃げたことを打ち明ける。

ここにいると迷惑をかけると
出ていこうとする室園だが、
稲庭工務店の面々は室園を匿うと決めた。

室園を送り届けている間、
留守番を頼まれた深志研。

そこへ町田が現れ、稲庭を殴る。

その様子を見た深志研の手は
白い胞子に包まれて光を放つ。

深志研のその姿を見た町田は
怯えて逃げていった。

そのころ継実は、
深志研の森の家に残っていた資料を
撮影して翻訳し鶴丸教授に見せる。

資料には死んだ細胞を再生させる菌のこと、
永遠の命を与える菌を培養したと書かれていた。

どうやらその菌は
世界中から持ち帰った菌を培養させ、
細胞と融合させる内に偶然生まれたものらしい。

その菌を死んだ深志研の身体に投与し、
電力で菌を活性化しようとしたが
人間の作り出す電力では不十分だったため
カミナリを利用したことが書かれていた。

それを読んだ鶴丸教授は
心もまた電気だと言い、
心の中で何かが高ぶった時に菌を放つと考える。

町田を撃退した深志研は
「また人を殺そうとした」と悩んでいた。

人間とは生きていけないという深志研に
稲庭は自分や室園を守ろうとしただけだと諭す。

誰かと生きて誰かを好きになることは
誰かを嫌ったり憎むことでもある、
深志研は人間らしくなっただけだと。

そこへ継実が訪ねてきて
深志研と二人で話がしたいと言う。

人間に恋をして生きていいかという質問に
答えに来たという継実。

継実は深志研が継実の名前を彫った木と
そこに生えたアカナリカミタケを見せる。

アカナリカミタケを継実は好きだと言い、
「もしこのキノコが貴方の心だとしたら
貴方は人間に恋をしてもいいと思います」と答えた。

一緒に人間の世界で生きていこう、と。

第3話の感想

 

とりあえず斎藤工さんが
ヴァン・ホーエンハイムに見えた回。

1回そう思ってしまうと、
カミナリも錬金術に見えてしまって
ちょっと話に集中できませんでした(笑)

天草と十勝の直接対決は
スカッとする部分もあったけれど、
クビにされちゃって心配。

そもそもパーソナリティの一存で
いきなりクビとか有り得るんだろうか・・・。

あとはなんといっても稲庭先輩。

深志研とは一応恋敵になる訳で、
親身に見せかけて豹変するんじゃ・・・と
ずっと思ってるんだけど相変わらずイイ人。

めっちゃ親切だし、
毎回何かしら良いこと言ってくれる。

イイ人すぎて切ないけど、
たぶん最終的には室園さんとくっついて
報われるんだと信じています。

そして第3話ラストの
継実と深志研の恋の始まりが微笑ましい。

綾野剛さんの泣き顔がキレイで、
ものすごく良かったです。

 

第3話の視聴率は?

 

11.2%から7.3%と第2話で急落した
フランケンシュタインの恋』の視聴率

第3話視聴率8.4%でした!

ちょっと回復しましたね!

キノコが生えるのが気持ち悪いのが
視聴率下落の原因なんて言われていましたが、
そのキノコが深志研の心だとしたら
ちょっとステキに思えてきます。

第1話で離脱した人は
キノコが深志研の心だなんて知らずに
ただ気持ち悪いって印象なんだと思うと
非常にもったいない気がしますね。

関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



 - テレビ, 芸能