ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

真飛聖の変顔が面白い!宝塚時代にも?芸名の由来や本名は?結婚してる?


2018年4月10日放送の
『踊る!さんま御殿』に
女優の真飛聖さんが出演されました。

キレイな女優さんだなーと思っていたら、
とても面白い方でめちゃくちゃ気になる存在に!

真飛聖さんの変顔がおもしろい!

 

尼神インター誠子さんの
「一緒に変顔で写真を撮ろうと言って
全然変顔じゃない女に腹が立つ」という話から
他の出演者も変顔をする展開に。

滝沢カレンさんに続いて
意外にもすぐに変顔を披露してくれたのが
真飛聖さんだったのです!

真飛聖さんいわく変顔をすると
口の上にシワが入って、
その顔が鯉のように見えるとのこと。

その変顔がこちら!

美人な女優さんなのにこの変顔!

これは面白すぎました!!

鯉のように見えることから
みんなが麩を投げるマネをしてくるんだとか。

ということはプライベートでも
この変顔を披露しているということですよね。

外見の美しさからは
まさかそんな面白い方だとは思わず、
そのギャップがツボでした。

宝塚時代にも変顔?

 

真飛聖さんは元宝塚のトップスター。

実は宝塚時代にステージ上でも
変顔を披露していたという
衝撃のエピソードも明かしてくれました!

宝塚のあの華やかなステージで
実は変顔をしていたなんて!

あのステージで観客には見えないように
こっそり変顔をする真飛聖さんもすごいですが、
それを見ても何事もなかったかのように
やり過ごした他の出演者もすごいですよね。笑

そんな真飛聖さんの
宝塚時代の画像がこちら!

この出で立ちで密かに変顔・・・

想像しただけで笑えてきます!

 

芸名の由来や本名は?結婚している?

 

『踊る!さんま御殿』での活躍で
真飛聖さんが気になって仕方ありません。

私は今回の『踊る!さんま御殿』で
初めて真飛聖さんというお名前を知りましたが
変わった芸名なのが気になります。

「真飛聖」と書いて「まとぶせい」と読むんですね。

最初「まとびせい」と読むのかと思いました。

変わった芸名なので由来を調べてみたら
『マートブ!自由を求めて550日』という
小説の主人公“マートブ”だそうです。

真飛聖さんのお母様が読んでいた小説で
“マートブ”の響きが気に入って芸名にされたそう。

“聖”は名字に合わせて考えたとのこと。

宝塚の芸名は恩師や尊敬する方に
つけてもらう人も多いと聞きましたが、
真飛聖さんの場合は自分で考えたそうです。

宝塚の方はみなさん芸名が珍しい名前なので
やはり本名も気になります。

真飛聖さんの本名を調べたところ、
本名は山下裕子(やましたゆうこ)さんだそうです。

その本名から「ゆう」という
愛称でも呼ばれているとのこと。

他にも「うん太」や「マヒ」など
変わった愛称をお持ちだそうで、
やはり真飛聖さんは興味深い方だと感じます。

真飛聖さんは『踊る!さんま御殿』で
男役時代の感覚が抜けず
女性らしいファッションがわからないと言っていました。

自分なりに女性らしいファッションで
男性と何度か食事に行った結果、
「好きな人と行く時はどんな恰好なの?」と
相手の男性に言われてショックだったとも。

でもキレイな方なので、
それは昔の話で今はもう彼氏がいたり
結婚の噂があったりするのかもと思い調べてみました。

真飛聖さんはまだ結婚されておらず、
彼氏の噂もないようです。

美人なのに意外ですよね。

周りが「三十路と言われるのが嫌」とか
「こちとら47歳だ」とか年齢の話題でギスギスする中、
サラっと「41歳です」と答えた姿にも好感が持てました。

っていうか、あの美しさで
年齢がもう41歳というのも衝撃でしたね。

今回の『踊る!さんま御殿』は本当に面白かったので、
他のバラエティ番組でももっと真飛聖さんを見てみたいです。


 - テレビ, 芸能