ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ドラマ「シグナル」日本版第1話あらすじと感想!長谷川京子が美しい!


坂口健太郎さん主演のドラマ
シグナル長期未解決事件捜査班
放送がついに始まりました!

第1話を見終わった現段階では、
なかなか面白いのではないかと思います。

「シグナル長期未解決事件捜査班」第1話のあらすじ

 

坂口健太郎さん演じる主人公の三枝健人は
幼少期、女の子が女性に連れ去られるのを目撃。

後にニュースで女の子が誘拐されたことを知り、
警察へ行ったものの誰も相手にしてくれません。

誘拐事件は未解決のまま15年がたち、
健人はプロファイリングを学んで警察官になりました。

ある日、廃棄される無線機から
なぜか巡査の自分を警部補と呼ぶ謎の声を聞きます。

相手は大山という刑事で、
健人の情報を元に訪れた廃病院で
首吊り遺体を発見したと健人に告げます。

会話の途中で大山は何者かに襲われ、
無線機の通信は途絶えました。

その無線機には電池が入っていませんでした。

健人は大山の言葉を元に廃病院を訪れ、
そこで白骨遺体を発見。

女児誘拐事件の犯人として
指名手配されていた橋本の遺体と断定されました。

橋本の遺体には右手の指に欠損が見られ、
大山や健人、他の刑事たちも他殺を疑いますが
時効が迫っていることを理由に
刑事部長の中本は自殺とマスコミに発表します。

しかし集まっていたマスコミに健人は
橋本は他殺で真犯人は女性だと暴露し、
30代後半のナースであると自身のプロファイリングも明かしました。

さらに「証拠もある」と言います。

しかしこれはブラフ。

証拠もあると言ったことで
真犯人は何らかの行動を起こすというのが
健人の作戦だったのです。

プロファイリングを明かしたのも
真犯人の周りの人間から情報提供があると読んだ上での行動。

そして健人の読みどおり、
次々と情報が寄せられました。

それらの情報の中から勤務先のロッカーに
時効日に印をつけたカレンダーを貼って
時効に関する書籍を置いていた女性を犯人と断定。

北海道にいたその女性「前川」を連行し、
取り調べが行われました。

しかし彼女の履いていた地味な靴に
違和感を覚えた健人は
「前川」は犯人ではないと悟ります。

彼女にロッカーの写真を見せて確認すると、
そのロッカーは「吉本」という女性のものでした。

「吉本」は「前川」の情報を提供したナース。

「吉本」は犯人は逃亡するという思い込みを利用し、
旅行に行く予定だった「前川」のロッカーとすり替え
自ら警察に連絡していたのです。

犯人は自己顕示欲の強い女性、
今もこの状況を近くで見ているはずだと探す健人。

そしてついに真犯人を発見しました。

「シグナル長期未解決事件捜査班」第1話感想

 

結構展開の早いドラマです。

最初の方はながら見していたのですが、
ながら見だと付いていけなくなります。笑

前半はホラーっぽい雰囲気があって
ちょっと怖かったですね。

指名手配犯の遺体が発見されて、
さらに真犯人と思われた女性が連行されて、
その上に本当の犯人を追い詰めてと
第1話でそこまでやっちゃうの!?という展開の早さ。

韓国版のドラマは見ていないので、
この先あと8~9話くらい?は何をやるんだろうと
ワクワクしています。

幼少期の健人が警察に行った時に大山と会っていたり、
健人の名札の苗字が三枝ではなく「かとう」だったり、
健人の兄が連行されてしまったり。

幼少期パートでは伏線と思しきシーンも
いろいろとありましたね。

キャストはみんな安定感があって
安心して見ていられました。

中でも「吉本」を演じる長谷川京子さんが素晴らしい!

同僚を陥れるためにロッカーをすり替え
通報するという手口も恐ろしいですが、
それを淡々とこなす長谷川京子さんの姿が
美しくも恐ろしくてゾクゾクします。

あまりセリフは多くないのに、
表情や仕草で健人のプロファイリング通りの女性を
表現しているのに魅入られました。

長谷川京子さんってhydeさんに似ていますね。

2人ともちょっと怪しくてどこか儚くて
そしてとても美しいので惹かれます。

ところで長谷川京子さん演じる「吉本」に
ハメられた「前川」という女性は
どうして夜に函館の港で1人佇んでいたんでしょう。

あの姿を見た時は絶対逃亡中の真犯人で
人の少ない場所で時効を待っていたんだと
すっかり騙されてしまいましたが・・・

あれも伏線の一つなのでしょうか?

【PR】

関連記事


 - テレビ