ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

世にも奇妙な物語2018春にガチャピン・ムック出演!城後波駅の元ネタは?


世にも奇妙な物語
2018年春の特別編に
ガチャピンとムックが出演します!

最近はもっぱらUQのCMばかりなので、
オリジナルカラーのガチャピンとムックは
久しぶりに見る気がしますね。笑

ガチャピン・ムックが出演するのは「城後波駅」

 

ガチャピンとムックが出演するのは
城後波駅(しろごなみえき)という
前後編のショートショートドラマ。

ガチャピンとムックが慰安旅行に出かけ、
道中で姿を消してしまうところから始まる物語です。

ガチャピンとムックは失踪前、
ある都市伝説について話す動画を
元番組担当プロデューサーに送っていました。

ガチャピンとムックを探し出す
ドキュメンタリーを撮ろうと考えたディレクターが
その動画を手がかりに失踪現場へ向かうというのが
『城後波駅』のあらすじです。

ガチャピンいわく
「1人で見ると怖いけど、
家族やお友達と一緒に見るともっと怖いからお楽しみに・・・」

家族や友達と一緒に見ると
もっと怖いってどういう意味でしょうね?

『城後波駅』の都市伝説とは?

 

ガチャピンとムックが動画で語った
『城後波駅』の都市伝説というのは、
乗り換え案内アプリである方法で検索をすると
城後波駅に連れて行かれてしまい
二度と戻れなくなってしまうという内容。

検索方法は駅名を空欄にしたまま、
時刻を6月6日6時6分にして検索するとのこと。

6月6日6時6分というのが、
いかにも都市伝説っぽいですね。

『城後波駅』というのは
もちろん架空の駅名です。

検索してもそんな名前の駅は実在しません。

『城後波駅』で検索しても、
『世にも奇妙な物語』にガチャピンとムックの
出演が決まったという記事ばかりなので
原作や原案というのも特にないようですね。

 

元ネタはきさらぎ駅?

 

『城後波駅』の原作や原案はないようですが、
元ネタとなった都市伝説もないのでしょうか?

実在しない駅の都市伝説といえば
真っ先の思い浮かぶのは『きさらぎ駅』

存在しないはずの『きさらぎ駅』に
降り立ってしまった女性が
ネットで実況していたものの、
途中で消息を絶ったという内容です。

その消息を絶った女性以外にも
『きさらぎ駅』に行ったと言う人もいて、
前の駅は『やみ駅』、後の駅は『かたす駅』だったとか。

類似の都市伝説として『月の宮駅』というのもあります。

消息を絶った女性は7年ぶりに
こちらの世界に帰ってこられたものの、
7年間はなかったことになっていたという話も。

ただ、『きさらぎ駅』や『月の宮駅』は
特に乗り換え案内アプリで検索はしておらず、
気がついたら実在しない駅にいたという都市伝説です。

まぁ『きさらぎ駅』の都市伝説が
初めて語られた頃はまだガラケー時代だったので
乗り換え案内アプリ自体ありませんでしたね。

実在しない駅という点においては
元ネタといえなくもないですが・・・

都市伝説のまとめサイトなどは
よく目を通しているのですが、
乗換案内アプリを使用する都市伝説は聞いたことがありません。

検索してみましたが、
それらしい都市伝説は見つかりませんでしたので
『城後波駅』という都市伝説は
『世にも奇妙な物語』のオリジナル作品のようです。

関連記事


 - テレビ