ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ドラマ「この世界の片隅に」ロケ地まとめ!撮影場所は江田島や栃木・群馬にも!


2018年7月クールのTBS日曜劇場
『この世界の片隅に』

登場する建築物や道の雰囲気が好きで、
いつかロケ地探訪してみたいドラマです。

ドラマ『この世界の片隅に』の
ロケ地を調べてまとめました。

江波の海岸

 

すずの幼少期のシーンで登場した江波の海岸。

ロケ地となったのは元宇品海岸です。

所在地
広島県広島市南区元宇品町

幼少期のすずが訪れた洋品店

 

幼少期のすずがお使いの最中に
立ち寄った洋品店。

この洋品店のロケ地は
東京たてもの園で保存されている花市生花店です。

見ているだけでワクワクしてくるレトロな建物は
昭和2年に建造されたそう。

東京たてもの園では店内を
昭和30年代の花屋を再現して展示しているそうです。

所在地
東京都小金井市桜町3-7-1

 

御料理ふたば

 

幼少期のすずが海苔を届けに行ったところ。

こちらもロケ地は東京たてもの園です。

万徳旅館という江戸末期~明治初期の建造物で、
まさに昔話に出てくるようなその佇まいは
ぜひ一度実際に目にしてみたいものですね。

所在地
東京都小金井市桜町3-7-1

 

駄菓子屋

 

すずがキャラメルを買った駄菓子屋。

ここも東京たてもの園に保存されている
大和屋本店がロケ地になっています。

昭和3年に建造された建物で、
乾物屋さんだったそうです。

所在地
東京都小金井市桜町3-7-1

 

波江尋常高等小学校

 

すずや水原が通う小学校。

ロケ地となったのは旧上岡小学校です。

明治時代に建てられた木造校舎で
『花子とアン』や『おひさま』のロケ地にもなっていました。

所在地
茨城県久慈郡大子町上岡987−3

 

北条周作の勤務先

 

北條周作の勤務先。

レンガ造りが印象的な建物ですね。

この場所のロケ地は旧海軍兵学校です。

所在地
広島県 江田島市江田島町国有無番地

 

双葉館

 

白木リンがいる遊郭・双葉館。

ここのロケ地は広島県ではなく
岡山県にある野村帽子店です。

野村帽子店は『ALWAYS三丁目の夕日』の
ロケ地としても有名な五福通りにあります。

所在地
岡山市東区西大寺中三丁目9番地周辺

 

画用紙を買った文具店

 

すずが画用紙を買った文具店のロケ地は武居三省堂。

昭和2年に建造された、
実際に文具店として営業していたお店です。

ここも現在は東京たてもの園で保存されています。

所在地
東京都小金井市桜町3-7-1

 

夕凪軒

 

周作たちが水原に会った夕凪軒。

周作が水兵に殴られた場所です。

ここのロケ地は桐生倶楽部会館。

国の登録有形文化財に指定されています。

所在地
群馬県桐生市仲町二丁目9番地36号

 

すずが周作に届け物をした場所

 

周作がりんを見かけ、
すずが周作に封筒を渡した場所。

背景にレトロな建物があり、
川も流れているステキな雰囲気の場所でした。

この場所のロケ地は栃木県の県庁堀です。

所在地
栃木県栃木市入舟町7番

 

西郷醫院

 

すずが診察に訪れた西郷醫院。

この場所のロケ地は意外にも東京都内にあります。

すでに病院としては廃業されたようですが、
西郷醫院の文字はそのまま残っているんですね。

所在地
東京都台東区台東3丁目3-9

 

近江佳代が北條節子と出会った公園

 

現代パートで榮倉奈々さん演じる近江佳代が
北條節子と初めて出会った公園。

どうしても職場へ向かう足が動かなくなったり、
そんな時に優しく声をかけてもらったりした
近江佳代の気持ちを考えると切ないですね。

この公園のロケ地は東品川水辺広場です。

所在地
東京都品川区東品川3-9-21

 

近江佳代と北條節子の待ち合わせ場所

 

毎年広島を訪れるという北條節子と
近江佳代が待ち合わせた場所のロケ地は平和記念公園。

北條節子と合流する前に
近江佳代が原爆ドームを眺めていた場所も同じです。

平和記念公園から元安川越しに
原爆ドームを眺めていました。

所在地
広島県広島市中区中島町1


 

『この世界の片隅に』のロケ地は
わかり次第随時更新していきます。


『この世界の片隅に』の原作漫画が
eBookJapanで2018年8月16日まで
100円で読めるキャンペーン中です。

原作漫画が気になる方はこの機会に是非!

関連記事


 - テレビ