ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ジュノンボーイ副島和樹の極貧コスプレ生活がすごい!父親の仕事って?


2018年3月15日放送の
アウト×デラックス』に
ジュノンボーイ副島和樹さんが出演されました!

第一印象は「好みのタイプのイケメン」でしたが、
そのアウトっぷりが面白くて
なんだかファンになってしまいそうです!笑

副島和樹さんのプロフィールは?

 

アウト×デラックス』では
一瞬しか表示されていなかったので、
まずは副島和樹さんの
プロフィールを調べてみました!

プロフィール

名前:副島和樹(そえじま かずき)
生年月日:1993年11月23日
血液型:A型
出身地:三重県
所属事務所:株式会社イー・コンセプト

経歴

2014年:「ミスター九大コンテスト2014」グランプリ受賞
2015年:「全国ミスターキャンパスコンテスト」審査員特別賞受賞
2016年:「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞受賞
2018年:映画「40万分の1」初主演

所属事務所の株式会社イー・コンセプトって
あまり聞いたことないなーと思いましたが、
調べてみたら上地雄輔さんや忍成修吾さんが
所属している事務所なんですね。

副島和樹さんは海外を転々としていたそうですが、
出身地は三重県で大学は九州とは意外でした。

海外だけでなく日本国内も
いろいろと移動されているんですね。

コスプレで極貧生活!

 

2016年にジュノンボーイ
2018年に映画初主演と順調な経歴の副島和樹さん。

それなのに極貧生活を送っているとのこと。

知人の撮影スタジオの
浴室と洗面所を借りているので家賃はゼロ円!

わずか2畳ほどのお部屋で
私服は学生時代のジャージに穴のあいた靴下と
ジュノンボーイとは思えない生活ぶりです。

食事も常温保存されている卵や
調理の必要ないキムチや納豆など
あまり食生活にも気を遣っていない様子。

副島和樹さんがそんな極貧生活を送る理由は
なんと収入のほとんどを
コスプレに費やしているから!

アウト×デラックス』でも
コスプレで“ソエジマン”に変身し、
多大なインパクトを残しました!

チェコからやってきた“ソエジマン”は
魔法が使える設定で
何故か呪文はベトナム語。笑

ちなみに“ソエジマン”は
ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
パフォーマンスタイムでも披露したそうです。

ブログやツイッターでも
さまざまなコスプレ画像を投稿されています。

副島和樹さんは『遊戯王』が大好きなようですね。

月収のほとんどを費やせるほど
夢中になれる趣味があるのは羨ましいです。

 

父親の仕事は?

 

副島和樹さんがコスプレにハマったのは、
海外生活が長かったのが理由だそうです。

言葉が通じない海外でも
日本のマンガやアニメで仲良くなることができ、
どんどん夢中になっていったんだとか。

インド、マレーシア、チェコと
さまざまな国で暮らしていたそうですが、
言葉がなくても通じる日本のマンガやアニメは
やっぱりすごいですね。

副島和樹さんが海外生活を送っていたのは
父親の転勤が理由だそうです。

海外を転々とする必要のある
副島和樹さんの父親の仕事って何だろう?と
気になったので調べてみたのですが、
残念ながら具体的な職業は公表されていませんでした。

海外では床が大理石の豪邸に住んだり、
家族より使用人の数が多かったりしたそうで
結構裕福な家庭っぽいですよね。

海外転勤が多い仕事というと
貿易関係や商社、医療系、もしくは外交官?

いろいろな可能性が考えられますね。

もし実家が裕福だとしても、
副島和樹さんは父親に頼らずに
自分の収入の中で遣り繰りしている様子が
好感が持てるなと感じました。

今後、副島和樹さんが売れて
収入が増えたとしても、
変わらないでいて欲しいですね。


 - テレビ, 芸能