ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ジャニーズ御用達マスコミとアンチメディアとは?情報操作ももう限界!?


芸能人の不祥事があると
一斉にマスコミが報道合戦を繰り広げます。

ただ、その不祥事を起こしたのが
ジャニーズのタレントであれば、
マスコミの報道の仕方に不自然な点が
目立つような気がしますよね。

ジャニーズ御用達マスコミとは?

 

ジャニーズ御用達マスコミとは
ジャニーズ事務所からの情報提供を受け、
事務所の意向に沿った報道を行うメディア。

基本的にジャニーズ寄り・ジャニーズ擁護の
報道の仕方をしているメディアです。

たとえばSMAP解散騒動の時は
その傾向が顕著に表れていました。

SMAP解散をいち早く報道したのは
ニッカンとスポニチ。

飯島三智マネージャーが独立し
木村拓哉さん以外の4人がついていく、
つまりSMAP解散は飯島氏のせいという
ニュアンスで報道されていました。

本来は翌日発売の週刊新潮が
スクープとして報じる予定だったのを、
一日早くこの二紙が報道したと言われています。

いち早く報道した上に
ジャニーズ寄りの報道をしたこの二紙は
ジャニーズ御用達メディアといえるでしょう。

SMAP解散はジャニーズ主導で
スポーツ紙6紙から一斉に報道される予定だったそう。

その6紙というのが
日刊スポーツ、スポーツニッポン、
スポーツ報知、サンケイスポーツ、
デイリースポーツ、東京中日スポーツ。

スポーツ紙はジャニーズ御用達が多いですね。

しかしスポーツ紙よりも先にスクープしようとした
週刊新潮がアンチジャニーズかというと
決してそうではないようです。

というのも、週刊新潮では
メリー喜多川氏の独占インタビューを掲載しています。

木村拓哉さん以外の4人が悪かったと
印象付けるかのようなメリー喜多川氏の発言を
わざわざ掲載した週刊新潮も
やはりジャニーズ御用達メディアなのでしょう。

また、TOKIOの4人が山口達也さんの
不祥事を受けて行った記者会見の時には
すべての質問に答えるといいながら、
当たり障りのない質問をする人しかいませんでした。

質問者は井上公造さんや駒井千佳子さん、
テレ朝、フジテレビ、TBS、
サンケイスポーツ、日刊スポーツ、
そして福島民友新聞。

この中では福島民友新聞だけが
浮いているように思えますが・・・

後日、この会見の時の言葉がきっかけで
TOKIO4人の福島PRへの継続起用が
決定したということですから、
これもジャニーズと打ち合わせ済みだったのかと
思われても仕方ありません。

テレビ局に関しては
ジャニーズを起用している番組も多いので、
まぁどこも忖度があるのは予想の範疇。

他に女性誌の女性セブンや女性自身も
ジャニーズ御用達と言われています。

アンチジャニーズメディアは?

 

ジャニーズを擁護するメディアもあれば、
逆にジャニーズを叩くメディアもあります。

代表的なのはサイゾーでしょう。

ジャニーズに都合の悪いネタも
遠慮なく報道していますし、
一見普通っぽい記事でも
ジャニーズへの皮肉を入れるのを忘れません。笑

嫌いなジャニーズアンケートをする
週刊女性もアンチジャニーズメディア。

熱愛を始めイメージダウンに繋がる事柄も
遠慮なく報道する週刊誌です。

フライデーも週刊女性と同じく
熱愛やゴシップを取り上げることが多く、
アンチジャニーズと言われています。

わかりやすいのは日刊ゲンダイ・週刊現代。

記者の私怨かと思うような、
ジャニーズ叩き記事が並んでいます。

スポーツ紙の中では珍しく
東スポもジャニーズのスキャンダルに
ガンガン切り込んでいくメディアです。

東スポはジャニーズから
会見への出席を拒否されたと抗議したこともあり、
相当険悪な仲のようですね。

 

情報操作も限界!?

 

ジャニーズはこれまで
ジャニーズ御用達マスコミを使って
情報操作や隠蔽を行ってきたと言われています。

しかしそれももう限界に来ているようです。

やはりキッカケになったのは
SMAPの解散騒動ではないでしょうか。

木村拓哉さんを持ち上げて
他の4人を批判する内容の記事も
多く出回っていましたが、
世間の見方を変えることはできませんでした。

さらにTOKIOの山口達也さんの件で
デイリー新潮が掲載した記事が興味深いです。

「ジャニーズ事務所が迷走したのは事実」と
マトモなことを言うのかと思いきや、
藤島ジュリー景子副社長を擁護しているのです。

藤島ジュリー景子副社長には娘がいて、
一人の母親として厳しい態度で臨む意思はあった。

しかしジャニーズでのキャリアをスタートして
担当したTOKIOだったからこそ
判断力を鈍らせてしまった、とのこと。

そして今回の事例を、
一般企業や社会人にとっても
「他山の石」となる好例だと結んでいます。

とても好例になるとは思えませんし、
一人の母親としてなどと情に訴えようとしても
効果があるとは思えませんね。

さらに記事には致命的とも思える表現があります。

『もし不起訴となり、
メディアにも気づかれなかったら、
山口を守ることができる』と気持ちが揺れてしまった

これではメディアにバレなかったら
隠蔽する気があったと言っているのと同じこと。

これまでもそうやって
不祥事をもみ消してきたんだと
世間からは判断されるでしょう。

ジャニーズの情報操作は
もはや限界に来ているんだと感じる記事でした。

関連記事


 - 芸能