ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

コンフィデンスマンJPのタイトルの意味は?原作はある?あらすじは?


2018年4月9日スタートの
フジテレビ月9ドラマ
コンフィデンスマンJP

放送開始前から話題になっている
2018年4月クール注目のドラマです。

コンフィデンスマンJPのタイトルの意味は?

 

フジテレビの新月9ドラマは
『コンフィデンスマンJP』というタイトル。

コンフィデンスマン=confidence manとは、
「信用詐欺師」を意味する英語です。

タイトルについている「JP」は
JAPANの略になります。

「信用詐欺」というのは
相手を信用させて働く詐欺のことです。

『コンフィデンスマンJP』のタイトル通り、
このドラマで描かれるのは「コンゲーム」

「コンゲーム」には信用詐欺という意味の他に、
騙し騙されて二転三転するストーリーという
ミステリーのジャンルとしての意味もあります。

『ミッション・インポッシブル』や
『オーシャンズ11』などは
代表的なコンゲーム作品です。

原作はある?

 

『コンフィデンスマンJP』の前のクールで
放送されていた月9ドラマは『海月姫』

漫画を原作としたドラマでした。

最近はこのような漫画や
小説を原作とする作品が多いものです。

しかし『コンフィデンスマンJP』は
原作のないオリジナルドラマ!

原作がないのでネタバレもなく、
毎回新鮮な気持ちで楽しめますね。

しかも脚本を担当するのは古沢良太さん!

古沢良太さんといえば
『リーガルハイ』や『エイプリルフールズ』など
痛快な作品を多数手がけています。

『リーガルハイ』や『エイプリルフールズ』は
テンポが早くて場面がコロコロ変わり、
引き込まれてあっという間に時間がたってしまう
とても面白い作品でした。

フジテレビのドラマでは
『デート~恋とはどんなものかしら~』も
古沢良太さんの脚本です。

『デート~恋とはどんなものかしら~』も
「高等遊民」という作中に出てきたワードや、
夏目漱石で知られる「月がキレイですね」が
SNSを中心に話題になりました。

回を追う毎に評価が上がっていった
面白いドラマだったと記憶しています。

そんな古沢良太さんの
オリジナル脚本で制作される
『コンフィデンスマンJP』も期待が持てますね!

 

あらすじは?

 

『コンフィデンスマンJP』は
前述のとおり信用詐欺を描いた作品です。

あらすじは天才的な詐欺の才能を持つ
長澤まさみさん演じる「ダー子」が、
東出昌大さん演じる「ボクちゃん」と
小日向文世さん演じる「リチャード」とともに
悪徳なお金持ちから大金を騙し取るというもの。

長澤まさみさんが繰り広げるコスプレや、
3人の奇想天外な騙しのテクニックに注目です!

関連記事


 - テレビ