ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

家政夫のミタゾノ2第6話望月邸ロケ地はどこ?子役や伊丹のキャストは誰?


2018年5月25日放送の
『家政夫のミタゾノ』第6話。

鳥居みゆきさんがゲスト出演し、
いろいろと見どころの多い回でしたね!

望月邸のロケ地はどこ?

 

鳥居みゆきさんが演じていたのは
恋愛成就率99.9%の占い師・望月ルナ。

一回15万円という高額な占いが
予約でビッチリ埋まる人気っぷりです。

相当儲けている様子の望月ルナは自宅も大豪邸!

それにしてもあの豪邸、どこかで見たような・・・?

気になってロケ地を調べてみたところ、
望月邸のロケ地はマーブルヒルスタジオというハウススタジオでした!

ヨーロッパの古城をイメージした
美しい外観が特徴のハウススタジオです。

そしてこの外観をどこで見たかというと、
『家売るオンナ』の三軒家万智の自宅!

あのいわく付きの物件と同じロケ地だったんですね!

それで見覚えがあったのかと納得です。

マーブルヒルスタジオはドラマだけでなく、
コスプレーヤーさんの撮影会にも使われているようです。

本格的な洋館だけあって人気があるんですね。

マーブルヒルスタジオ所在地
東京都大田区田園調布5-20-21

望月ルナがお金を隠していた美しい庭は
別のロケ地で撮影されています。

望月邸の庭のロケ地は
ルーデンス立川ウエディングガーデンです。

ルーデンス立川ウエディングガーデンは
白亜のチャペルとイメージの異なる3つのゲストハウスがある結婚式場。

『家政夫のミタゾノ』で撮影に使用されたのは
“フランス館”のガーデンです。

この美しいガーデンによく怪しげな像を置いたり
穴を掘ったりする撮影が許可されたものですね。笑

ルーデンス立川ウエディングガーデンは
結婚式だけでなく撮影にも貸し出されており、
『家政夫のミタゾノ』以外の撮影にも使われています。

『神様もう少しだけ』や『僕らがいた』、
最近は『きみが心に棲みついた』や
『BG~身辺警護人~』のロケ地になっていました。

ルーデンス立川ウエディングガーデン所在地
東京都立川市泉町 935-1

車椅子の子役は誰?

 

『家政夫のミタゾノ』第6話には、
車椅子に乗った子役が登場しました。

望月ルナを信じておまじないを繰り返し、
自分の足で立ち上がるという
クララのような奇跡を起こした健気な少女・・・

かと思いきや、ミタゾノさんからお金を受け取り
「おおきに。おじさん」と言い放つ豹変ぶり!

儚げな少女かと思ったのに、
とってもしたたかな少女でビックリしました!

演じていた子役は岩崎未来ちゃん。

『花子とアン』で吉高由里子さんの
幼少期を演じて注目を集めた子役です。

最近では『花のち晴れ』で
杉咲花さんの幼少期も演じています。

2008年生まれでまだ年齢は10歳ですが、
数々のドラマや映画に出演している岩崎未来ちゃん。

味の素Cook Doや日立ルームエアコンなど、
CMへの出演も多いです。

将来が期待できる子役ですね。

 

伊丹一郎・二郎のキャストは誰?

 

『家政夫のミタゾノ』第6話で
バツグンの存在感を放っていたのが
伊丹一郎・二郎のコンビ。

望月ルナの秘書として、
一緒に呪文を唱えたり
ミタゾノさんの動きを牽制したり。

兄弟みたいな名前なのに兄弟ではなく、
動きや喋り方がコミカルで気になる役どころでした。

伊丹一郎・二郎のキャストは
安村典久さんと和合真一さん。

安村典久さんを一言で説明するなら
“ファミチキ先輩”です。笑

ファミチキ先輩は顔の見えない役でしたが、
言われてみればこんな声だったなーと思い当たりますよね。

和合真一さんは俳優だけでなく、
モデルやデザイナーとしても活躍している方。

『家政夫のミタゾノ』ではあまり感じませんでしたが、
こうして見るとイケメンですね。

関連記事


 - テレビ