ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

「シグナル」第8話あらすじネタバレ感想!健人と兄の過去が遂に明らかに!


『シグナル長期未解決事件捜査班』の
第8話が放送されました。

健人の幼少期に起きた
兄の事件の内容がついに明らかになりましたね。

「シグナル」第8話あらすじ(ネタバレ有り)

 

刺された岩田を発見した健人は、
大山を殺したのは岩田だと告白されます。

始まりは武蔵野市の集団暴行事件だったと
岩田は健人に語りますが、
すべてを話す前に息絶えてしまいました。

1999年に起こった武蔵野市の集団暴行事件。

被害者の井口奈々は
周囲の好奇の視線に耐えられず、
屋上から飛び降りましたが命は助かりました。

健人の言葉を思い出した大山は
この事件の捜査に加わります。

事件現場の廃屋を調べていた大山は、
その裏に住む斉藤裕也と出会いました。

大山は井口奈々と同じ学校に通う
斉藤裕也からも話を聞いていましたが、
親が乱入してきて取り調べを中止させられます。

その様子を見ていた中本は、
金やコネのない人間を生贄にすることを思いつきました。

そして娘の治療費を援助する代わりに
生贄を用意するよう岩田に命じたのです。

やがて犯行に加わった生徒たちが
一斉に自白を始めました。

生徒たちは口を揃えて、
主犯は加藤亮太だと言います。

自白した生徒たちの親はみんな
小川都市開発に勤務していることに気づき、
大山は不審に思いましたが
ついに井口奈々までも犯人は加藤亮太だと証言しました。

そして加藤亮太は逮捕され、
弟である健人はイジメの対象となります。

母親は健人の名字を変え、親戚に預けました。

兄が少年院から帰ってくると聞いて
久しぶりに自宅に戻った健人は、
兄が自殺しているのを発見します。

当時はなぜ兄が自殺しなければならなかったのか
まだ幼くて理解できなかった健人でしたが、
成長して事件には何か裏があったことに気づきました。

加藤亮太が主犯だと証言した少年の元へ行き
なぜ兄を陥れたのか追及した健人は、
兄には金もコネもなかったから
生贄にされたのだと知ってしまったのです。

2018年では岩田が刺殺された事件の捜査が始まりますが、
現場に居合わせた健人は容疑者として扱われ
長期未解決事件捜査班は捜査から外されます。

健人を助けたいという桜井に、
健人は自分と兄の過去を告白しました。

長期未解決事件捜査班は
秘密裏に岩田の事件の捜査を開始します。

そして健人が岩田を恨んでいたと
嘘の証言をした岡本に目をつけました。

事件当日、岩田が御殿場に行っていたことがわかり、
御殿場には岡本の母が所有する別荘があることを突き止めます。

岡本の車を見た健人は
現場から同じ車が走り去るのを見たことを思い出し、
岡本が岩田を刺した犯人かも知れないと桜井に告げました。

健人と桜井は御殿場の別荘を調べますが、
最近立ち寄った形跡は見当たりません。

健人は岩田が死の間際に
自分が大山を殺したと告白し
「裏庭に確かめに行ったらあった」と言ったのを思い出し、
別荘の裏庭を調べることにしました。

そして不審な場所を発見し掘ってみたところ、
白骨死体と大山の警察手帳を発見したのです。

「シグナル」第8話感想!

 

これまで兄が連行されるシーンは
何度も流れていたものの
何があったのか明かされていませんでしたが、
ついに全容が明らかになりましたね!

健人と兄の過去がやっとわかって
スッキリすると同時に、
事件の内容が内容だけにスッキリしない気持ちも残ります。

金もコネも権力もないからって、
ある日突然犯罪者にされるって怖すぎる。

少年たちが悪びれる様子もなく
亮太に罪をなすりつけてたのが胸くそ悪いですね。

被害者の子も友達に頼み込んでまで
場所確保して勉強教えてくれてた亮太には、
絶対悪い印象はなかっただろうに
嘘の証言ってできちゃうもんなんだなと。

いきなり周りが敵だらけになったら
自殺したくもなるでしょうね。

でも岩田の口ぶりだと
自殺じゃなくて殺されたっぽい感じも・・・

まだ明かされてない裏がありそうです。

それにしても城西署、冤罪多すぎ。笑

【PR】


関連記事


 - テレビ