ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

2017年の厄年の年齢は?男女別の生まれ年一覧!早生まれの場合は?


2018年が厄年にあたる男性・女性の年齢は?数え年って?生まれ年はいつ?

普段はあまり気にしていなくても、
初詣に行くと厄年
早見表が張り出してあったりして
急に気になってしまったりしますよね。

厄年年齢は男女で異なり、
数え年でもあったりするので
自分が当てはまるのかどうか
よくわからなかったりもします。

厄年とは?

 

厄年というのは、
古くから厄災が降りかかるとして
恐れられている年齢のことです。

一般的に「本厄」といわれる年齢は
男性は25歳・42歳・61歳、
女性は19歳・33歳・37歳。

「本厄」の年令の前後は
「前厄」「後厄」と呼ばれており
合計3年間は注意して過ごすべき
年齢ということになります。

年齢はいずれも数え年です。

「数え年」というのは、
生まれたときの年齢を1歳と考えます。

誕生日から大晦日までを「満年齢+1歳」、
お正月以降は「満年齢+2歳」とするのが
一般的な「数え年」です。

お正月ではなく立春の日以降を
「満年齢+2歳」とする神社もあります。

神社によって厄年早見表
年齢が異なっていることがあるのは
「数え年」の加算日が異なるからなんですね。

ちなみに生まれた年齢を0歳とする
現在一般的な年齢の数え方は
「満年齢」といいます。

2017年の厄年は?

 

2017年が厄年にあたるのは
男性が1993年・1976年・1957年生まれ、
女性が1999年・1985年・1981年生まれ。

前厄となるのは
男性が1994年・1977年・1958年生まれ、
女性が2000年・1986年・1982年生まれ。

後厄となるのは
男性が1992年・1975年・1956年生まれ、
女性が1998年・1984年・1980年生まれです。

数え年でいえば
男性24歳・41歳・60歳、
女性18歳・32歳・36歳が前厄。

男性25歳・42歳・61歳、
女性19歳・33歳・37歳が本厄。

男性26歳・43歳・62歳、
女性20歳・34歳・38歳が後厄です。

普段使用しているのは満年齢なので、
数え年で言われるとわかりにくく感じますが
生まれ年で見るとわかりやすいですね。

 

早生まれの場合は?

 

1月1日~4月1日までの間に生まれた
早生まれと言われる人たちは
同じ学年の人たちと生まれ年が異なるので
厄年の考え方はどうなるのか
ややこしく感じてしまいます。

厄年の考え方としては
お正月もしくは立春の日に
1歳重ねるという「数え年」ですから、
早生まれの場合であっても
上記の生まれ年の方は厄年にあたります。

つまり1999年1月1日生まれの男性も
1999年4月2日生まれの男性も
学年は異なるけれども両方厄年という訳です。

4月2日~12月31日に生まれた同級生たちが
厄年を迎えた年であっても、
早生まれの人はまだ厄年ではないということも
あるということですね。

同じ学年に厄年の人と
そうではない人がいるというのは
やはりややこしく感じます。

自分が厄年かどうか知りたい時は、
学年や早生まれというのは一旦置いておいて
生まれ年で早見表を見るのが
一番わかりやすいと思います。



関連記事


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキング投票やSNSでシェアしていただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ



 - 生活