ユーリの備忘録。

日常で気になった色々なことの記録。

*

ホワイトデーのお返しの意味とは?定番のお菓子にもメッセージが!?


3月14日はホワイトデーですね。

バレンタインにもらった方は、
お返しに悩むと思います。

バレンタイン=チョコは定着していますが、
ホワイトデーはいろいろなお菓子が
売り場に並んでいて難しいですよね。

実はホワイトデーのお返しのお菓子には
込められたメッセージがあるんだとか。

 

キャンディー

 

-shared-img-thumb-N879_satounotuitakonpentou_TP_V

 

全国飴菓子工業共同組合によると
ホワイトデーキャンディーの日だそうです。

もともとバレンタインデーのアンサーデーとして
ホワイトデーを生み出したのが
全国飴菓子工業共同組合なのです。

バレンタインのお返しが
キャンディーというのは
いまいち定着していない気もしますが・・・

バレンタインのお返しの
キャンディーに込められた意味は
「あなたが好きです」

長く口の中に残るキャンディー
本命のお返しの意味なんですね。

 

クッキー

 

-shared-img-thumb-N612_ohitotuikaga_TP_V

 

種類が多く、見た目もかわいいクッキー。

値段も手頃なものが多く、
ホワイトデーに贈るお菓子としては
定番のひとつですね。

クッキーに込められた意味は
「あなたとは友達」

サクサクしたクッキー
ドライな関係でいましょうという
メッセージになりますので
義理チョコへのお返し向きです。

 

マシュマロ

 

a0027_002368

 

ホワイトデーのお返しといえば、
マシュマロを思い浮かべる人も
多いのではないでしょうか。

福岡の老舗菓子屋である石村萬盛堂が
1978年にバレンタインのお返しとして
マシュマロを売りだしていました。

当時は「君からもらったチョコレートを
僕の優しさで包んでお返しするよ」ということで
マシュマロを売りだしたそうです。

しかし現在のマシュマロ
「あなたが嫌い」という意味になっています。

溶けてなくなってしまうマシュマロは、
“それまでの関係”を示唆するんだとか。

本命には向かないメッセージに
変わってしまったんですね。

 

チョコレート

 

a1370_000411

 

バレンタインがチョコレートなら、
ホワイトデーホワイトチョコレート!

という風潮も過去にはありました。

ホワイトデーの由来は
純白を表すホワイトと言われています。

しかしチョコレートをもらって
チョコレートで返すというのは
選ぶのが難しい気もしますよね。

そのせいか、ホワイトチョコレート
ホワイトデーのお返しとしては
あまり定着していません。

ホワイトデーのお返しの
お菓子には意味があると言われていますが、
チョコレートには特に意味はないそうです。

他の定番のお菓子には
それぞれ意味があるというのに
チョコレートには意味がないなんて・・・

やっぱりホワイトデー
お返しのお菓子としては
定着はしていないんだなと感じますね。

 

マカロン

 

a0790_000061

 

かわいらしい見た目で
近年人気のお菓子マカロン

割と最近登場したイメージなので
意味なんてないかと思いきや、
ちゃんと意味がありました!

マカロンの意味は「特別な人」

マカロンは比較的高価なので、
“特別なお菓子”として
本命へのお返しの意味を持つんだとか。

確かに、同じ本命の意味でも
キャンディーよりマカロンの方が
高級感はありますよね。

 

マドレーヌ

 

a1180_015123

 

貝のかたちをしたマドレーヌ。

貝は2枚がピッタリ合わさることから、
円満な関係を表すそうです。

そんな意味を持つ貝のかたちをしたマドレーヌ
「もっと仲良くなりたい」という意味になるそう。

本命にも義理にも使える良いメッセージですね。

 

意味は重要?

 

ホワイトデーのお返しのお菓子には
本当にさまざまな意味があるんですね。

しかし女性がそこまでお返しの意味を
気にしているかというと、
実はそんなに気にしていなかったりします。

その証拠にオリコンモニターリサーチによる
お返しに希望するものランキングでは、
2位にクッキー、5位にマシュマロが入っています。

ちなみにマカロンは入っていません。

マカロンって見た目はかわいいけど、
味はそこまででもないというか、
食べるんだったらクッキーの方が
断然人気があるんですよね。

結局おいしいお菓子が1番喜ばれるので、
お返しの意味については
そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。


関連記事


 - 生活