【ツイステッドワンダーランド攻略】マスターシェフはマドルが稼ぎやすい!おすすめメニューは?

ツイステッドワンダーランドのイベント
『NRCマスターシェフ』は授業の一環という設定です。

食堂のお手伝いをして調理技術を学ぶため、
アルバイト代=マドルが支給されます。

『NRCマスターシェフ』はマドルを稼ぎやすいイベントなので、
是非この機会にマドルを貯めておきましょう。

『マスターシェフ』で稼げるマドルは?

 

『NRCマスターシェフ』は
食材調達→調理→審査を繰り返すイベントです。

マドルが貰えるのは調理した料理の審査を受けたとき。

マスターシェフメダルと同時にマドルが貰えます。

マスターシェフメダルは
料理の採点結果=もらえる量となりますが、
マドルはメニューごとに決まっています。

料理の出来に左右されることなく、
一定のマドルを稼ぐことができるのです。

通常の授業でもマドルは稼げますが、
『NRCマスターシェフ』の方が一度に稼げるマドルが多く設定されています。

通常の授業の場合は
魔法史が150、飛行術が125、錬金術が250。

一番多い錬金術でも250ですが、
『NRCマスターシェフ』なら1回につき
350~500マドル稼げるのです。

『NRCマスターシェフ』で稼げるマドルは料理ごとに異なります。

『NRCマスターシェフ~肉の至福~』では
以下のようになっています。

  • ロールキャベツ:400
  • ビーフシチュー:450
  • ビーフステーキ:350
  • チキンのトマト煮:450
  • ミートパイ:450
  • ハンバーグ:450
  • カツレツ:450
  • ミートドリア:450
  • コロッケ:500

一番マドルの少ない“ビーフステーキ”は材料2つ。

400マドルの“ロールキャベツ”は材料3つ。

一番マドルの多い“コロッケ”は材料5つ。

その他のメニューはすべて450マドルで
材料は4つずつとなっています。

つまり使用する材料の数で
稼げるマドルが決まっているという訳ですね。

マドルを稼ぐのにおすすめのメニューは?

 

マドルが1番多いメニューは“コロッケ”ですが、
“コロッケ”に使う食材は5つあります。

5つ全て集めるには、
牧場・植物園亜熱帯ゾーン・鶏舎・風車の
4か所での食材調達が必要です。

鶏舎ではチーズ・牛乳・卵、
風車では小麦粉・米・パン粉が調達できます。

“コロッケ”に使用しないチーズ・米は
“ミートドリア”に回すことができますが、
“ミートドリア”に使うトマトを調達するには
さらに植物園に行かなくてはなりません。

同じく“コロッケ”に使用しない牛乳・パン粉は
“ハンバーグ”に回すことが出来ますが、
他に“ハンバーグ”で使う肉と玉ねぎは他の料理にも使うので
どうしても牛乳とパン粉が余りがちになってきますね。

食材調達場所にはNo.1~No.6まで
順番に番号が振ってありますが、
この番号はまさに欲しい食材が多い順番だと思います。

もちろん1番必要なのは牧場で調達できる肉。

次に9種類のうち5種類のメニューで使う
植物園亜熱帯ゾーンの玉ねぎ。

植物園で調達できる人参とトマトは
植物園亜熱帯ゾーンで調達できる食材と
購買部で調達できる食材と組み合わせやすいです。

なので牧場と植物園亜熱帯ゾーンを中心に、
ときどき植物園と購買部で調達すると
材料の無駄が少ないでしょう。

1度に稼げるマドルの多い“コロッケ”を狙うよりも
2番目に多い450マドルを稼げる“ビーフシチュー”
“チキンのトマト煮”“ミートパイ”の周回がおすすめ。

にんにくやキャベツが余ってきたら
“ロールキャベツ”と“ビーフステーキ”に回しましょう。

NRCマスターシェフミッションを達成したら、
スキル100%になったら、30点満点を出したらと
人によってクリアしたい目標は違うかと思います。

効率的にマドルを貯めるなら
それぞれの目標を達成したら鶏舎・風車への調達は止め、
“ハンバーグ”より下の4つのメニューではなく
“ミートパイ”より上の5つのメニューで回すのがおすすめです。

【マスターシェフ関連記事】

ツイステッドワンダーランド関連記事一覧

 

アイテム関連

ストーリー関連

カード・育成・バトル関連

授業・試験関連

設定・システム関連/その他

世界観・キャラクターなど

グッズ関連

イベント関連

タイトルとURLをコピーしました