【ツイステッドワンダーランド】デイヴィス・クルーウェルのボイスセリフ集!

ツイステッドワンダーランドに登場する
理系科目担当教師のデイヴィス・クルーウェル。

授業などで聞けるデイヴィス・クルーウェルのボイスや
クロウリーメダルで交換できるボイスのセリフをまとめました。

共通ボイスのセリフ集

 

  • 授業開始①「躾の時間だ」
  • 授業開始②「頭に叩き込め」
  • 授業開始③「仔犬ども、始めるぞ」
  • 授業終了①「ステイ!今日はここまで」
  • 授業終了②「次はお行儀から教えてやろう」
  • 授業終了③「グッボーイ!習ったことを忘れるなよ」
  • 試験遷移①「ステイ。駆け回るのは試験が始まってからだ」
  • 試験遷移②「やる気は十分、といったところか」
  • 試験遷移③「トレーニングの成果を見せてもらおう」
  • 試験・WIN①「ウェルダン。やるじゃないか」
  • 試験・WIN②「グッボーイ。きちんと勉強してきたようだ」
  • 試験・LOSE①「もう一度、躾直しだな」
  • 試験・LOSE②「焦っても良い結果は生まれないぞ」

第2回NRC統一試験クロウリーメダルボイス集

 

学園について①

学園の薬品庫には危険な魔法を封じた薬も保管されている。
慎重に扱わなければならないというのに……
時々いるんだ、悪戯で持ち出そうとするバッドボーイが。

学園について②

学園に飾られている喋る絵画には、あまり耳を貸すべきではないだろう。
なかには生徒を惑わそうとするものもある。
飼い主からの忠告だ、覚えておけ。

学園の施設について

植物園にはスプリンクラーがあるが、
サイエンス部には直接水やりを行うよう指導している。
手ずから育てれば、植物を慈しむ気持ちが生まれるだろう?

自身について①

大人の飲み物に合うのはレーズンバターだ。
後ひく味はもちろん、
あの独特のまだら模様を見ているだけで
疲れた心がホッと休まる。

自身について②

俺の髪が……何だって?
これは白髪じゃない、わざと染めてるんだ!
よし駄犬、伏せ!
今から特別授業を行う!
バッドボーイに、身だしなみの極意を叩き込んでやる!

自身について③

時折、俺がこの学園で過ごした頃を思い出す。
もちろん、お前たち仔犬のように
はしゃいではいなかったがな。

生徒に向けて

実験とはすなわち仮説の検証だ。
優れた観察力と深い考察が必要になる。
これは魔法の上達にも言えることだ。
立派な魔法士になりたいのなら、手は抜くなよ!

出来事・思い出①

ホリデーは愛車の赤いクラシックカーと共に北国へ行った。
現地で人気のホットアップルシナモンを、
雪を眺めながらゆっくり飲んだな。
あの時間は格別だった。

出来事・思い出②

入学した頃「赤点をとる生徒が1匹も出ないようにするつもりだ」と言ったのを覚えているか?
おい、目をそらすな。
グリムもお前もよく反省するように。

出来事・思い出③

俺は多くの駄犬を教育してきた。
とびきりの問題児である
お前とグリムもよーく躾けてやろう。
まずは呼び方!
先生ではなく「クルーウェル様」だ!

学園関係者について①

トレイン先生とは時々チェスで勝負をする。
どっちが強いかって?
今月は5勝5敗で互角だ。
老獪な手筋はなかなかのものだが、次は俺が勝つ。

学園関係者について②

このあいだ見慣れない奴がいてな。
怪しいと思って声をかけたら、髪を下ろしたバルガス先生だった。
汗をかいてシャワーを浴びた後だったようだが、
普段と随分印象が違ったな。

学園関係者について③

サムのピアノの演奏を聴いたことはあるか?
彼の演奏は素晴らしいぞ。
あのジャズを聴きながら優雅に本を読むのは最高の贅沢だ。

学園関係者について④

学園長は常に生徒達のことを考え、
身を粉にして働いていらっしゃる。
トラブルが起きた際、慌ただしくその場を去ることもあるが……
仕方のないことだ。

第6回NRC統一試験クロウリーメダルボイス集

 

学園の出来事について①

休みの日はときどきヴィンテージショップ巡りをする。
最新モードを追うのも悪くないが……
時を超え、クローゼットを渡り歩いたであろう古着もまた味があって良い。

学園の出来事について②

なぜ服のデザインが出来るか?
インスピレーションを鍛えるために始めたら、いつの間にか趣味になっていただけだ。
一時期はアパレルメーカーに勤務していた。

学園の出来事について③

俺は学生の頃に出来た手下……
あぁいや、後輩2人と今でも連絡を取り合っている。
利口とは言いがたいが、気を遣わなくていい連中だ。
お前もここでの出会いは大切にするといい。

学園の出来事について④

学生の頃、不注意でマンドラゴラの鉢をひっくり返してしまったことがある。
奴らの悲鳴で魔法薬学室の窓が全て割れて大惨事に……。
今の俺なら修復魔法で簡単に直せるんだがな。

学園の出来事について⑤

勉学に励むのは良いことだが、机に向かってばかりでは頭の固い大人になりかねないぞ。
たまには羽目を外せ。
ただし、俺たち教師に叱られない程度にな。

自身の服装・容姿のこだわり

俺から良い匂いがする?
フッ、お前が気に入ったのは俺が自ら調合したこの世に一つしかない香水だ。
良い嗅覚をしているじゃないか、仔犬。

普段の生活について

どれだけセンスのいい服を着ていても、
だらしない姿勢や歩き方をしては全てが台無し。
だから定期的にランニングや水泳を行って、スタイルアップを心がけている。

グリムについて

グッボーイ!
自習をしているとは、今日の仔犬は随分とお利口だ。
その感心な姿勢に免じて、わからないところは教えてやろう。
俺は鞭ばかりではなく飴もやる良い飼い主だからな。

学園関係者について①

サムは自分の魅せ方を熟知しているな。
いつもユニークな衣服を見事に着こなしているだろう?
俺とは趣味が異なるが、彼の装いを見るのはなかなか楽しい。

学園関係者について②

先日食堂でランチに好物のジビエを頼んでな。
最後に食べようと残していたら、
通りがかった学園長が「苦手なら食べてあげますよ」と。
あの方の配慮は時折どこかズレているんだ……。

ツイステッドワンダーランド関連記事一覧

 

アイテム関連

ストーリー関連

カード・育成・バトル関連

授業・試験関連

設定・システム関連/その他

世界観・キャラクターなど

グッズ関連

イベント関連

タイトルとURLをコピーしました